ほぼ備忘録

オタクの自由な備忘録

#동현이_생일이다_축배를_들어라

 

 

 #동현이_생일이다_축배를_들어라 🥳🥳🙌🙌🙌🙌👏👏🤝🎉🥂

 

축배

축배

  • Moonlight Fairy Reversal Grand Slam
  • 韓国インディー
  • ¥204



 

さて本日2021年2月23日、めでたく誕生日を迎えたゴルチャのキムドンヒョンくん。以前記事でも取り上げたように個人的には推しも推し。かなりの熱量で応援をしてしまっているため、彼の誕生日に合わせてまた記事を書いてしまうという重いオタクになることに。

 

というかこういう機会でもないと最近文章として何かを記録をしておくことに対してちょっと消極的過ぎていたので…こうやって「書きたい!!!!!!」と思わせてくれる存在がとてもありがたくもあったりしたり、したりするんだな。ドンヒョンくんありがとうね!!!!!!!!!

 

 で、一応ドンヒョン君について書いた過去記事も貼っときます!内容が重いかはわからないですけど、記事自体が重いんすよ…コンテンツ詰め込みすぎました…読みにくかったらごめん。


showpercent.hatenadiary.com

 

 

まあこんな感じでそろそろ本題に入りますが、去る2019年末から2020年上半期にかけての自我三部作、そしてそこで自我探しをした上でする2020年下半期の完全清涼カムバック。そこを経ていきながら、2021年の年が明けて楽曲制作陣とそして振付師までも新しいメンツとタッグを組みながら5つ目のミニアルバム「YES.」でカムバックをしている最中のゴールデンチャイルドですが、

 

そんな中でドンヒョンくん、彼今かなり絶好調である。ように見える。し、さまざまな挑戦の過程でより多彩な姿を表現していく段階に入ってきてる気がする。今まで以上に。

 

 

まず今回のアルバム「YES.」での彼のパートですが、ほんっっっっっとにドンヒョンくんの最高声帯と音感とリズム感とまだまだ可能性が秘められている歌唱力とか色んなものを加味しながら楽曲の中でほんとに効果的に彼の声が使われてるんですよ。そういう重要なパートがあまりにも多い!メンバーが10人もいますから、パート自体が多いわけではないですがドンヒョンくんパートで曲にまた新鮮な表情を付けてる感じする。そうやってゴルチャ曲がまた面白くなってる気もする。

 

彼が歌うひとつのパートが与えるインパクトが確実に強いのか、パート多くないのに曲聴いたあとドンヒョンくんのパートが印象に残ってることが多い気がするんですよね。まあこれそのドンドゥニスが言ってもちょっと説得力ないかもしれませんが…そういうことにさせておいてほしい。ただのリスナー視点で客観的に聴いてもそうなので、仮に自分がドンドゥニスじゃなかったとしても同じこと言える自信ある。

 

 

Burn It

Burn It

Breathe

Breathe

Cool Cool

Cool Cool

Round N Round

Round N Round

Milky Way

Milky Way

 

 


[골든차일드] "YES." 김동현 파트 모음

 

もうここまで来たらドンヒョンくんパート、それぞれの曲ごとに言及してしまおうかということで、パート抽出動画をお借りしそれを題材としていきますね。

 

・안아줄게

 

너를 향한 모든 날카로운 시선들을
벗어날 수 있게  

いや…ここ…ここ凄くないですか…このEPのドンヒョンくんパートの初手がこれ。「君に向けられるすべての鋭い視線から(守ってあげる)」って歌詞なんですが、彼の歌唱の柔らかさがすごいこのパートを上手く切なく演出してるように聞こえたりして。すごいエモいよここ。そんでいや 벗어날 수 있게  」でする高音の伸び…………………柔らかくて優しい広がり方の歌唱で攻めてきてたので屈しました。勝てない。(勝つ必要もない)

 

 

Stay With Me

そんであーーーーーーーーーーーーーーーーーサビ前の重要すぎるパートーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーここ音源リリース前から公開されていた部分ではありましたが、「ここドンヒョンパートで合ってるよね?????」になってる人たぶん多数いたと思います。自分も正直、声のトーン的にはドンヒョンくんなんですが確信を持つまでには…みたいな。新しく新鮮な歌い方であり、魅せ方だったでしょこれ。

 

 自分の読み…当たる…いつかコレオの方にも触れようと思いますが、(今回はちょっとパス)歌唱パートとコレオの連動性についてはドンヒョンくんがメインダンサーであるために、より上手くはまったようなケースだと思います。

 

 

 

 ここのジェスチャー考えるのに四苦八苦するのもいや……そうですよね……曲を解釈しながら、上手くはまるジェスチャーを考えていくの絶対に簡単じゃないんですよ……なのでビハインドで出てきたこの姿を見ながら一連のジェスチャーを見ていくとちょっと泣いちゃう。でこういう部分すごいかっこよくて……いやドンヒョンくんめちゃくちゃかわいいんですけどね、かわいいんですけどこうやって向き合う姿勢の上にあのパフォーマンスがあると思うと生まれてくる感情はおおよそリスペクトの念。

 

 

 

Stay With Me

ここチャンジュン君がバッと決めた後に出てくる念押しの一番盛り上がる大サビ前の「Stay With Me」です。ドンヒョンくんパートのハイライトもハイライト。

 

ちなみに自分の推し「Stay with me」これ👇なんですが、このカメラワークとそこを捉えていくドンヒョンくんが良いんだ……………

 

 

 

 そしてこのパートから繋がるユニゾン部分ですがここも「Oh~」の箇所は所々ドンヒョンくんの声がわりと強めに聞こえるようにも思います。ウリムのユニゾン歌唱あるある。一人一人の声が個性的なのにもかかわらず合うので面白いんですけど、やっぱり個性的なので目立って聞こえる声がコロコロ変わる。でもそれもいいんですよ…むしろそういうところがいい。

 

 

・Cool Cool

 

ここは楽曲制作陣がモスピックさん達ですが(ダディ・レッミ・PIUの制作陣)今回、このドンヒョンくん歌唱で考えるとこの曲が彼の発音の明確さがより良く出てくる歌唱が多い気がする。発声と息の使い方も強めに出すようなイメージ。

 

틈만 나면 Selfie Yeah
멍한 표정들은 덤

ドンヒョンくん、リズム感もしっかりあると思うので適切なところにちょうどいい形でアクセント入れてくれるから聞いてて気持ちいいんだよな…

 

새로워지고 싶어
Cool하게 It's So Cool Cool

 コレオが既にある曲なのでそこも踏まえて考えてみると、動作のアクセントとも上手くバランス取れてるような気も。

 

남들과는 좀 더 다르게
어제의 나와는 다르게

この、音程が下に下がった時の当て方がすごい好きですね……………しっかり狙って音刻めるのってすごいことだと思っている。 

 

새로워지고 싶어

あとこれ自分、ドンヒョン君の激音の発音すごい好きかもしれない…………………

 

 

 

・기다리고 있어

 

어딘가 있을 너를 기다려

この手の少し中低音めのドンヒョンくん歌唱ってすごいまだまだ未知の世界だと思ってるんですが、しっかり当ててはめながらも柔らかい音なのでほんとにいいな………… 

 

 

I Can't Stop No More
이대로 흩어질 수는 없어
너를 불러  

がーーーーーーーーーーーーサビ入りのパート………この曲、メンバーのワイくんがカムバ前のブイラで各曲のエピソードなんかを話してた時に言ってたんですが、この曲の作曲陣がデビュー時から作業を良くしているチーム(TAK、1Take)だったのもあるのか、普段あまり声を長く聴かせられていないメンバーをパートとして多く起用して、少し今までとは新鮮なイメージを出したいとどうやらメンバーも事務所も考えていたような曲とのこと。

 

 

I Can't Stop No More
이대로 흩어질 수는 없어
너를 불러

これですね…曲のキャプションなんかを見てると、グルーヴ感のあるリズムとレトロサウンドが魅力的なミッドテンポハウスジャンルって書かれてあるんですよ。レトロ感と現代的な感覚とを上手く取りながら作られた曲らしいんですが、基本このチームはわりとエレクトロニクス的な音の要素も強いようなイメージもあるのでこのチームの作る曲とドンヒョンくん歌唱の相性かなりいいんですよね…たぶんそういうことなんだよな… 

 

 

Milky Way

 

ごめん、一言だけ…………あの……………好きです。好き曲なんです、であのドンヒョンくんパートがあの……かなりエモくてあの………ロック基盤のポップ曲だけでかなりやばいんですが、この曲間奏というかメンバーの声が入らない部分が割と重要なポイントのようなんですけどそこに入っていく前の部分も一か所ドンヒョンくんパートがあったりしてですね、わいくんもこの曲はドンヒョニのパートが好き言うてた。

 

 

손안에 담긴 각각의 빛
절대 변하지 않는 진심

これも柔らかめの歌唱というよりかは、発音とリズム感とみたいなところが活きてくる曲じゃないですか???ここわりと音にうまく乗りながら歌っているように聞えてすごい良。 

 

칠흙 같은 밤 내 맘을 켜준

 エモいんですよ…………ここがエモい。音とリンクして畳みかけるように刻みながら、わい君のパートに繋がって↓

 

은하수

 で、ここに繋がっていくと………………このあとはもうエモ音の無双なんでもう何も言えん。

 

칠흙 같은 밤 내 맘을 켜준

 「漆黒のような夜 僕の心を付けてくれる」……………

 

 

Oh I’m Nothing Without You

 ドンヒョンくんの英語の発音もっと聞きたいんですよね………聴きたいんだよな………ってここまで最初に書いてあったんですけど、ちょっとこれフラグでした。フラグになってた。

 

 

 

・Breathe

 

 

アニソンしか勝たん…………アニソン  ゴルチャの真髄曲……………

 

 

때론 마음이 다쳐
모든 걸 포기하고 싶어

 この曲はもうドンヒョンくん歌唱がシンプルに活きる曲なんですよ…………ドンヒョン君の声帯から繰り出される歌唱そのものが曲の雰囲気にしっかりマッチするのでほんとに良い。

 

빛나는 꿈을 따라서

 これも一音一音しっかり刻みながら何がいいかって、歌い終わりの余韻がしっかり残っているところでは…………

 

빛나는 꿈을 따라서

 えーーーーーーーん、ここまじで青春ですよね…………

 

잠시 네게 머물러 숨 쉬고 싶어
I Wanna Breathe
네 숨결처럼

 ここ、ラスサビの一角を任されてるんですがデヨル→ドンヒョンくん→ワイくんのリレーパスみたいになってるの泣いちゃう。

 

 

 

 とか言ってたらですね、この曲ちゃっかり後続曲に決まってたし金童高バレー部だった。

 


골든차일드(Golden Child) 5th Mini Album [YES.]|[Breathe] Concept Trailer #GoldenChild

 

f:id:showpercent:20210223233324j:image

f:id:showpercent:20210223233341j:image

 

 

 

ウリム、完全にオタクの事務所なんですが今回ゴルチャが1位も2回取りながら音源成績も驚くほど良くてこれからのまた弾みになる活動してるじゃないですか。言わば売れてきてる状態。それの何がいいかというとこれウリムがしたいこと存分にできるとなるとめちゃくちゃ面白くなるの予想できるので良い。まじで良い。ボードに「ウリムしたいこと全部して!」って書いちゃう。で、結局これ事務所だけじゃなくてメンバーも楽しんじゃってる。

 

そして現実的に売れるってのは、ある程度制作陣とメンバー本人たちのしたいことが少しでも多くできるような自由さ、余裕さを持てる部分ってあると思うんですね。それが嬉しい!!!!!!!!!!!まだこれからどうなっていくか分からないですけど、その気配がめちゃくちゃあって良い。

 

あとドンヒョンくんに至ってはまず、昨年からその流れはありましたがいろんな形のコンテンツを通して新たな挑戦をしようとしてるようで。

 

というかあのまず、THE LIVEの単独カバー映像…………………

 


[Teaser] 김동현(Golden Child) - Available COVER (원곡: Justin Bieber)|woollim THE LIVE 3

 

 

下手したら1年くらい温めてたでしょこれ

 

まだティーザーの時点なので早く聴きてえーーーーーーーーーーーーーーなんですが、これが死への道であることも知っている。し、金童高バレー部MVと同日公開なので

 

 

もっとドンヒョンくんの英語歌唱聴きたい言うてたら来ちゃいましたが、なんかこうちょっとカロリーが高すぎて摂取に戸惑うドンドゥニス。

 

 

あと、最近ドンヒョンくんどうやら

 

 

 らしい。ここ数日かなりのハイペースでアップしてくれてるんですけどもうすごい。なんというかいろんなものが繋がって繋がって私が所々まじで楽しいみたいになってるし、やる方もどんなのがいいかいろんな投稿見ながらある意味では勉強しながら取り組んでるっていうんですよ。そんな、なんか元々コンテンツ制作に欲があることは何となく察してましたが(ドンドンゲームセンターとか、単独ブイラも主題を定めながら何回かやってた)ほんとに彼の持つプラスのエネルギーがどんどん解放されて自由に発揮できるようになっている感じがして応援している身としてもすごいワクワクしますね…

 

で!!!!!!!まずこれ!!!!!!!

 

 

 

 


NCT 127 엔시티 127 x Sean Lew Choreography to "Hey Look Ma, I Made It" by Panic at The Disco

 

 

 勝手に一人で熱くなってたんですけど、ショーンくんが好きな振付師であることを聞いてしまっていた以上これをドンヒョンくんがやってるのすごい嬉しかったというか、基本的にこのカバーする時にドンヒョンくんがどう自分の動作に落とし込むのか、それが本家と並べてみた時によく分かったり、逆にそうやってみることによりドンヒョンくんの踊りのスタイルというかそういうのが少しずつ見えてくるようなそんな捉え方をするのでこれもそう。

 

ショーンくんと、NCTのテヨンくんにマークくん(マークくんはドンヒョンくんと高校の同級生なのでこれまたなんというかアツい)ここの動作と並べてみるからこそ、ドンヒョンくんのこの落とし込みとか消化の強さが分かりますよね。というかどっちも良いのよ。めちゃくちゃ良いので踊りのまた奥深さを知る。

 

 

 

 

 

 

 

 あと、極めつけがこれ…………………………↓

 

 

この手のグルーヴっていうんですかね、雰囲気?表現をしていくときのエネルギーに似たものをずっと感じていたんですが、それに対して「自分もこの雰囲気に乗っていけそうだからやってみた」のニュアンスでやってくれたということはドンヒョンくん自身から感じられるプラスのエネルギーを彼自身もそう捉えていたんだなの答え合わせ的なコンテンツでした。最高か? 

 

 

で忘れてないんでね、ドンヒョンくんのバケットリストに「アメリカに行ってダンスを習いたい」があるのオタクもずっと忘れないんでね。今こんな状況なので物理的に行って習うことは当分難しいかもしれませんけど、こうやってコンテンツを粘りずよく出しているところを見ても、いや人生何が起きるか分かりませんから。思わぬところからなんかコラボ要請みたいなのがあるかもしれないし。ほんとに。いや、ドンヒョンくん彼今特に持ってるんで。というのも 

 

 

 年末かな?「タロットやったよ」って見せてくれた3枚のうちの1枚がこれ。

 


f:id:showpercent:20210224005919j:image

f:id:showpercent:20210224005914j:image

 

 THE WORLD…………………

 

 

今回の活動でも確実に爪痕をグループとしても残しながら、新年早々ちゃんと彼の今までの努力が実を結んでいっている様子がほんとにこれまた圧巻で………小6から練習生を初めて長い間ひた走ってきた期間を過ごしてきたようですから、これから、ここからもっと多彩に彼自身を表現していくことが出来る環境が整っていくことを願ってます。☺️☺️☺️☺️☺️☺️☺️☺️☺️

 

 

 

 

 

 

 

f:id:showpercent:20210223224022j:image

 

 

 

 

 おわり!!!!!!!!!!!

 

 

 

 

ゴルチャ、帰ってくるってよ。

 


골든차일드(Golden Child) Comeback Spoiler

 

f:id:showpercent:20201004011832p:image

f:id:showpercent:20201004011839p:image

f:id:showpercent:20201002125853j:image
f:id:showpercent:20201002125859j:image
f:id:showpercent:20201002125847j:image

f:id:showpercent:20201003235440j:image

f:id:showpercent:20201002135432j:image
f:id:showpercent:20201002135437j:image

 

 

ゴルチャ、清涼良曲提げて帰ってくるってよ……………

 

 

 

そんなこんなで9月のオンタクト公演で急に発表されたカムバももういつの間にかアルバムプレビューが公開されてMVのティーザーももう公開されている段階ですが色んなカムバ前コンテンツが出れば出るほど「あれちょっと今回のシングルアルバム、もしかするとゴルチャがリリースしたアルバムの単位で見たときに一番好(ハオ)のアルバムとなるのでは…………」になってしまい……………よって、ちょっとカムバ前のこの感じを記録しておこうと思ってこの記事を簡単にサクッと書きます。結局すべて備忘録なので。

 

 

 

じゃあまず今回現時点で既に何が大変なのか??というと、なんせ音が………まだカムバすらしてないってのにゴルチャ今回もオタクが泣いて喜ぶ音をもうこのカムバ前の時点でいくつもぶち込んでくる。

 

そもそも今回はアルバム自体が3種に分かれており、その3種それぞれにコンセプトフォトとコンセプトトレーラーが(団体コンセプトフォトは上に記載済み)。でそれに加えてウリムっておそらく傾向としてトレーラーの音もそれ専用に用意する傾向があるように捉えてるんですけど、今回もたぶんそれ。

 

👇👇👇👇👇👇👇👇👇👇👇👇

 

 

・Concept Trailer (Aver.)

Golden Child 2nd Single Album [Pump It Up]|Concept Trailer (Aver.)

 

 

・Concept Trailer (Bver.)

[Teaser] Golden Child _ 2nd Single Album [Pump It Up]|Concept Trailer (B ver.)

 

 

・Concept Trailer (Cver.)


Golden Child 2nd Single Album [Pump It Up]|Concept Trailer (Cver.)

 

 

運営、「好き」になんかすごい選択肢持たせてくるじゃん………

 

 

いや、皆さんどれが好きです???????????????こわいんですよ、選択の余地が与えられるって意外とこわい。であと今回なんのユニフォームで来るかと思ったらまさかのエアラインコンセプト・パイロットコスでしたが大体ウリムユニフォームにガチなので芸が細かくなる。

 

Golden Air……………🛩

 

 

みたいにここまでCバージョンの話ばかりしてますが、そうなんですよねまあもうそのままの意味で自分Cが好きですけどでもむしろビジュアルを全て超越してしまう形で特にCバージョンのトレーラーの音が…………………音がダメでした…………………音に恋してしまった………………………(末期の人)

 

 

でこの始末…………しかもこの日ちょうど午後から用事何もなかったので本当にずっと聴いてたんですがこれなんでこんなCバージョンの音が好きか考えてみると、おそらくデビュー以降清涼三部作をやってた頃とはまた月日も過ぎて「少しまた大人になったゴルチャがする清涼のイメージとしてはもしかしたらCの音が一番近いのでは?????????」と個人的にそう感じた結果かな〜〜〜〜〜と。思います。上手いですよね……………音でイメージさせてくるというところに関してすごい長けてる。

 

だし、しまいにはジャケット撮影メイキングでトレーラーの音繋ぎみたいな業も…………………………

(ここ👆はトレーラーCからBへの繋ぎ)

 


Golden Child 2nd Single Album [Pump It Up]|Jacket Making

 

 

と、そうやって一通りトレーラーの音に沸いてるうちに間髪入れずくるのがアルバムのプレビューなんですが…………カムバ前は毎回トラックリストが出るときとアルバムのプレビューが出るときがすごい盛り上がるんですけど、めちゃくちゃ盛り上がったなタイムライン………いや本命ここですもんね。どんな曲が来るかが一番重要ですから。

 

そしてそのハイライトがこれ。👇👇👇👇👇👇👇👇👇


Golden Child 2nd Single Album [Pump It Up]| Album Preview

 

 

あえて秋にこういうアルバムを出してくれるゴルチャ、「愛」じゃないですか?????!

愛だろ…愛です。秋を思いっきり面白くしてくれるし、自分らもしっかり楽しんでくれそうなのがゴルチャ。

 

でもうここまで来たら一曲毎にも言及していっちゃいますが、今回はシングルアルバムなのでイントロトラックは無くそのままいきなり一曲目がタイトルです。

 

Pump It Up (title)

LYRICS:Mospick, 장준, TAG

COMPOSED:Mospick

ARRANGED:Mospick

 

コンポーザー陣としては過去に「DamDaDi」と「Let Me」を制作しているMospickさんが今回もタイトル曲制作してくださったみたいなんですけど、すごいなんというか………………

 

 

 


結論:以前自分が慣れ親しんだ2010年前後のポップスのしあわせな音がする(優勝)

 

 

でこれたぶん代表的なところでサクッというとハイスクールミュージカルだとか1Dなんかのその辺りのような気がしますが年代的にジャストな感じでそこを聴いて育ったメンバーもわりと多いんじゃないかと思うと、今回清涼コンセプトであることも踏まえた上ですごい楽しく準備できたのでは……………………みたいにも思ったりしますね。

 

 

とすると、思い返してみれば1Dなんかはメンバーたちもかなり好きで練習生だった期間の練習曲としてかなり重宝していたらしいのでまあそれはそう。あとジャスティンビーバーあたりもそうか。

 

 

What Makes You Beautiful

What Makes You Beautiful

  • ワン・ダイレクション
  • ポップ
  • ¥255

Love You Goodbye

Love You Goodbye

  • ワン・ダイレクション
  • ポップ
  • ¥255

One Thing

One Thing

  • ワン・ダイレクション
  • ポップ
  • ¥255

 

Love Yourself

Love Yourself


こういうエピソードを聞くと、カムバとはまた別にいつかここら辺の曲ももっとガッツリカバーしてくれるコンテンツみたいなのがあると良いなと思ったりしたり。洋楽歌うチャイルドめちゃくちゃいいんだよな…

 

 

 

あとなにより、彼らわりとなんというか清涼コンセプトするのかなり楽しそうなんですよね…………それで今回もどうやらかなりステージで遊ぶような感じ???ジェスチャーも変えながら!みたいなのをどっかでメンバーのうちの誰かが言ってた気がするのでめちゃくちゃ期待してます………ほんとに素で楽しんでステージに立って歌って踊ってみたいなパフォーマンスを観るのが好きなので、今回彼らにとって面白い活動だといいです。彼らが面白ければ!!!!!こちらも面白いので!!!!!!!!!ウリムありがとうね!!!!!!!!

 

 

と思ったらMVもおそらくティーザー見た限りだとかなりやりたい放題の感じなのでゴルチャはどこまでもゴルチャだな??????


골든차일드(Golden Child) ‘Pump It Up’ MV Teaser #01

 

 

그 자식

LYRICS:스페이스카우보이, Zeenan, Jay Hong, mOnSteR nO.9, croq, VORADORY

COMPOSED:스페이스카우보이, Zeenan, Jay Hong, mOnSteR nO.9, croq, VORADORY

ARRANGED:스페이스카우보이, Zeenan, Jay Hong, mOnSteR nO.9, croq, VORADORY

 

これあれですここと作曲陣が同じなんですよ……………………

 

f:id:showpercent:20201004130116j:image

 

H.E.R

H.E.R

 

 

あーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!

 

何を隠そう(隠してはいない)、HERドゥニス(HERがすげー好きなドゥニス)なのでトラックリスト見た時点でかなり嬉しかったんですがプレビューで試し聞きしたらもうダメでしたね、かなり好きなやつだ……………………

 

プレビュー聴いただけでもボーカル陣の歌唱が完全に活きる曲になりそうですけど、HERの場合は個人的にスンミンがかなり印象的だったのに対し、今回どう来るだろうか…………………になってます気になる。そしてわりと今回HERよりも音の印象が少しだけ強めに聞こえるような気もするのでメボの2人はもちろんですけど、今回ちょっと次点でジボムあたりの歌唱がどう映えるかも個人的には気になるような感じ。

 

 

 

너의 뒤에서

LYRICS:STAINBOYS, 김정우, 장준, TAG

COMPOSED:STAINBOYS, 김정우, stardust

ARRANGED:STAINBOYS, 김정우 

 

 

プレビュー公開時、体感だとタイムラインではこの曲の支持率が一番高かったのでは?????の雰囲気でしたが、いやそれ分かるんだよな…………………ゴルチャの隠れ良曲の音がするので………………………これわりと色んな人言ってたし…………

 

Lately

Lately

Eyes on You

Eyes on You


おそらくここら辺。

 

 

 

で、あとこのクレジットにメインで記載されてるSTAINBOYSさん。個人的に聴いたことなかったので過去参加作業曲を確認してみるとこんな感じ。(一部抜粋)

 

Oopsy

Oopsy

DAZZLE DAZZLE

DAZZLE DAZZLE

Paper Moon

Paper Moon

AMOR

AMOR

If

If

No Limit

No Limit

Mr. Potter

Mr. Potter

 

 

良…………………………

 

 

 

 

 

 

とまあこんな感じでカムバ前から祝祭みたいになってますが、秋夕はメンバーたちも少し時間の余裕があったような感じに見受けられたので7日からの活動も存分に楽しめるのではと………………(安堵)

 

 

 

 

でついでと言ったらあれなんですが、今回秋夕の韓服映像がめちゃくちゃ良かったんでそれも記録として貼っときますね。

 

 


[🎁] GoldenChild X GUIROE - RE:BIRTH, RE:VIVE

 

 

 

 

おわり!

 

 

オタクが垣間見た、ゴルチャのメインダンサー「キムドンヒョン」という一人のエンターテイナーについて。

 

 

今までの記事を見てもらうとなんとなく分かるように私はゴルチャを応援するゴルドゥニスであり、ちょいちょい記事の中でも言及しましたけどそのメンバーの中でもメインダンサーのドンヒョンくんがいわゆる推しなんですが、いや………………

 

 

彼すごいですよね。すごいんだよな、すごいんですよ。

 


f:id:showpercent:20200729012825j:image
f:id:showpercent:20200729012923j:image
f:id:showpercent:20200729012917j:image
f:id:showpercent:20200729012842j:image
f:id:showpercent:20200729012927j:image
f:id:showpercent:20200729012838j:image

f:id:showpercent:20200728181912j:image

f:id:showpercent:20200729013702j:image

写真の出所は公式のもの、及びそれ以外はおそらく写真内に出所が記載されているかと思います。

 

いやなんかフェイスラインが際立つ写真ばかり貼りましたがまあなんせこれ。

 

 

です。(ごめん)

幼めの顔してたりしますけどパーツパーツはすごく綺麗めじゃないですか…?フェイスラインもそう。あと目がかなり魅力的な奥二重(たぶん)なのとあと頭の形もすごく綺麗に思うし、何より本人も言ってましたが体型の比率が最高なのでそのフィジカルで踊られる踊りがなお最高な………………………(初っ端からキモオタの片鱗が)

 

 

いやあとあれなんだよな…個人的に1年前?2年前?あたりからだろうか。いつからかわりとどこか特定のファンダムに腰を据えることも大してしていなかったオタクなんですが、久々にこうやってこの感じの熱量で応援出来て逆に何故かオタクが救われてるみたいな。

どこか一所に留まりたくて留まれることが意外と心の安定に繋がってしまった。勝手に応援してんのに、勝手に感謝までしてしまうみたいな。

 

 

  

さて、そんな事言いながら日々オタクをしつつ…それでも「あまりキモいオタクにはなりたくないな」とは思うものの、オタクという時点である程度のキモさを内包してしまっているものだと割り切ってしまえばもう自分勝手ではあるけども推しに対してのバカデカくなってしまった感情みたいなものを「少しくらいはアウトプットしたって良いのではないか?」とそんな事を思ってしまい書き始める記事です。

なのでこの記事ダメだなと思ったらその時点でどうかUターンをおねしゃす…こちらも気分の悪いものを生成する気はないんですが、一応…こう書いておくことで保険をかけるオタクでさーせん…

 

で、もしもうこの時点でアウトであれば早速Uターンしていただいて………………………………

 

 

 

というかまずこれ元々題名だけ書いて本文を何も書けずにたぶん3ヶ月くらい?下書きに眠らせてたんですよ。書こうと思いつつも、「どう書けば良い?」「私に何が書けんだ?(それはそう)」みたいな。

 

そんなことを考えて踏み込めなかったオタクがこれを書こうとするに至ったのはなぜ??かというと、ゴルチャが無事にONEの活動を終えて少し経った頃の先日7/26にドンヒョンくんが単独でブイライブを付けてくれたんですよね。それ観たらこう、何というかちょっとオタクが感じた彼のエンターテイナーとしての良さをこのブイラを元にして文字として書き起こせるのでは???になってしまい。

タイトルでも彼のことを「エンターテイナー」と表現しましたが、ここも最初は「アイドル」にしてたんですよ。だってまあアイドルだし……………でもなんというかドンヒョンくんに対しては「エンターテイナー」としての認識が私の中では濃いような気がします。アイドルよりエンターテイナーの方が言葉に人間味を感じたりしなかったり。そんな感じ。

 

でもそうやってこんなオタクがどうこう言うのは図々しいと分かってるけども……………ブイラがあまりにも良かったので……………書かせてくれよ……………………ってことでまずそのブイラ自体がこれなんですが↓↓↓↓↓

 

www.vlive.tv

 

約1時間20分………………………内容濃かった………………………………だからかわりと時間もサクッとすぎた感じしましたね………………本人もそう言ってたような気がする

 

 

 

で、それがどんなブイラだったかというと簡単に言えば主題としては「ゴルドゥニスの皆さんが観たいゴルチャ曲の振りをコメントしてくれたら僕が踊りますよ」みたいなもの。まあ私はその日用事があり放送中は出先だったのでリアルタイムでは観れなかったんですが…

 

いや、一番見たい主題でしょ。こんなありがたい主題あります???????あるかもしれないけどない気もする。とにかくなんかこう、ありがたかったんですよね。ありがたかった。なので敬意を込めて正座して観ました。(早い段階で足痺れたのですぐやめたけど)

 

まあそれは良いとして、結果から言うと。

 

 

ありがとう、良いブイラです。(最高)

 

7曲やってくれたんですよ。7曲もやってくれた。もちろんそれぞれ一曲全部ではなく、彼がその曲で重要な見せ場だと思う部分を踊ってくれてた感じ。

 

 

それでなんと言ってもそのセトリが。セットリストが神。と言ってもゴルチャ自体に良い曲が多いのでどれやってくれてもめちゃくちゃに嬉しいのに、でもそれにしても神セトリ。ドンヒョンくんが「どれ踊って欲しいですか???」って聞いてゴルドゥニスが希望曲コメントしていって多かった曲を採用!みたいな感じだったんですけどまあ結局ゴルドゥニスたぶん皆好みがある程度似てんだよな。で、そのセトリがこれ↓↓↓↓↓

 

 

 

①IF

https://twitter.com/donghyunlog/status/1287308371528265729

 

If

If

  • Golden Child
  • K-Pop
  • ¥153
  • provided courtesy of iTunes

 


Show Champion EP.281 Golden Child - IF

 

 

②도망가지마

https://twitter.com/donghyunlog/status/1287309937203281925

 

Don’t Run Away

Don’t Run Away

  • Golden Child
  • K-Pop
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

 


[Golden Child] '도망가지마' Concert Live Clip (@ 2020 Golden Child 1st Concert 'FUTURE AND PAST')

 

 

③SEA

https://twitter.com/donghyunlog/status/1287310632274911232

 

Sea

Sea

  • Golden Child
  • K-Pop
  • ¥153
  • provided courtesy of iTunes

 


[Golden Child] 'SEA' Concert Live Clip (@ 2020 Golden Child 1st Concert 'FUTURE AND PAST')

 

 

④CRUSH

https://twitter.com/donghyunlog/status/1287313359260364803

 

Crush

Crush

  • Golden Child
  • K-Pop
  • ¥153
  • provided courtesy of iTunes

 


[Golden Child] 'CRUSH' Concert Live Clip (@ 2020 Golden Child 1st Concert 'FUTURE AND PAST')

 

 

⑤느껴져

https://twitter.com/donghyunlog/status/1287315470199058432

 

Lately

Lately

  • Golden Child
  • K-Pop
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

 


[Golden Child] '느껴져' Concert Live Clip (@ 2020 Golden Child 1st Concert 'FUTURE AND PAST')

 

 

⑥내 눈을 의심해

https://twitter.com/donghyunlog/status/1287316879267123201

 

What Happened?

What Happened?

  • Golden Child
  • K-Pop
  • ¥153
  • provided courtesy of iTunes

 


골든차일드(Golden Child) "내 눈을 의심해 (What Happened?)" Dance Practice

 

 

⑦I'm Falling

https://twitter.com/donghyunlog/status/1287318239479963648

 

I'm Falling

I'm Falling

  • Golden Child
  • K-Pop
  • ¥153
  • provided courtesy of iTunes

 


[Golden Child] 'I’m Falling' Concert Live Clip (@ 2020 Golden Child 1st Concert 'FUTURE AND PAST')

 

の7曲なんですが………………

 

 

????!えーーーーーーーーーーーーーーーそんなことあるんだ………………あるんか…………………………ドンヒョンの踊りが好きなオタクこれたまらないでしょ……………………まあそれわたしなんですが……………………………まず基本的に勢いがあって動きもダイナミックではあるんだけども止めの動作が的確なのでスマートに見えるような………それがこう上手く音にはまりながら進んでいくのでいや耳めちゃくちゃ良いでしょ…………っていうのと、それを見てるこちらも気分が良いというか…………………

あとあれですね練習着でこれしっかり踊ってるんだけどでも舞台上じゃないのでわりと幾分かラフにも見えるような踊り方が大好きなのと………………………あとこの時折見せるキャップの鍔を軽く触るような動作が相当いいんだよな……………………かなりイケてんで……………という………………………そしていくら暑くとも踊る時はこのデカアディダスマークジャケットを必ず羽織って踊るというこのたぶん彼なりの美学なんだろうな。そういうこだわりも含めドンヒョンくん自身が一番「良い」と思う姿で踊ろうとしてるような感覚を覚えたのでそこも含めていいですね………………(ここまで体感一息)

f:id:showpercent:20200729033634j:image

曲を止めに練習室後方へ向かう時のこのアディダスマークを背負った後ろ姿めちゃくちゃ映えてた。

 

と、まあオタクの所感言語化するとこの程度です…………………すまんなドンヒョン…………………………オタクこんなことしか書けないのを許してくれ……………………ただかなりリスペクトしてることだけは…………………………分かってくれると……………………と言いたいけどそれすらも図々しくはなかろうか…………………というこれすなわちオタクの抱える苦悩。

 

 

ちなみにこれ確かブイラの最後に「次また練習室でこういうブイラやるときに踊って欲しいゴルチャ曲考えといて」ってのと、「僕たちが過去にカバーした先輩たちの曲のもやるからそれも」みたいなこと言ってたのでこのなんというか福利厚生…………………………?オタク、こんな待遇が良くて良いんですか…………………………………言うた。ありがとうドンヒョン……………………………

 

そしておれはちなみにカバー集の中だとMILが観たy…………………(強欲オタク)なんせこれ………彼自身がめちゃくちゃ楽しそうに踊るので本当に好き。君が楽しけりゃこちらも最高に楽しいよ…という。あと「陽!!!!!!!!!!!!」って感じの雰囲気がかなり似合う子だと思うので他にもそういうステージがいくつか思い浮かびますが、個人的にはこのステージに一番色々な要素が綺麗にカチッとはまる良さを感じる気がします。いいな…何度観てもいいな…濃く刻み込まれたウリムのDNA…


180807 골든차일드 더쇼 Man In Love 동현 focus

 


Golden Child, Man In Love [THE SHOW 180807]

 

それとあとはちょいちょいビハインドとか、踊る合間に話もしてくれたりしながら。

 

 

 

そう、これを聞いて「いやそれキツいだろうな……………………」としながらも3曲ともめちゃくちゃ好きな振りだということを思い出して「ごめn………………いや、でもそのどれもが好きだが……………………………」になるので本当にオタクがまじでごめん。踊って失った分のエネルギーは絶対に毎回美味いものたくさん食べて補填してほしい。頼む。

 

 

であとこれまた本当にごめんなのが

 

すごいこれもしかしたらニッチかもしれないんですが、振り入れ??振り確認か。かなーーーーーーーーーーーりラフに確認程度に踊ってるのほんと好きなんですよ……………………………………………主観ばかりで申し訳ないけど………………………………………振り確認程度でもエキサイトしてしまうオタク。

 

あと、こうやって振り確認しながら「この曲、コンサート映像があるので観てくださいね」みたいにうまーく宣伝してました。(笑)上手いな(笑)ちなみにそのコンサート映像?コンサートクリップ?は、さっきセトリと一緒にコンサートで披露していた曲分はそれも載っけてあるので、載せた後に言及するの遅いでしょと思うんだけどまだ観られてない方いればちょっと上までスクロールして戻って是非観てください!!!!!!!!!!!!かなーり最高なので。観たらわかるんだよな。

 

 

ここで7曲が踊り終わり、前半が終了。

 

 

 

 

 

 

 

そして次に後半部分としてドンヒョンくんがこのブイラでしたかった話があったようで。

 

で、これも本当に申し訳ないんですけど自己満程度にあと勉強も兼ねてその部分の訳をはてブロではなくnoteの方に残してみたにはみたものの…………これも正直たぶんディテールな部分はちょいちょいズレたりしてると思いながらも、一応載せてそしてそれを元にしながらこっちにも書きますね。間違ってたら本当にごめん。韓国語の勉強もっとしよ……………………

 

note.com

 

話のきっかけ?は家族・知人を含めゴルドゥニスにもよく「どうしたらそんなに上手く踊れるのか」というのをよく聞かれるからそれについての話をずっとしたかったよう。

 

その中でおそらく一番の話のポイントとなるのは

「努力をすれば、出来ないことはないよ(上手く踊れるようになるよ)。僕もそうだったし。」

 

という話だと思う。そしてここからドンヒョンくんの経験を元に説明してくれますがポイントに絞って書き出していきますね。

 

まず

 

①元々ダンスは得意ではなく好きでもなかった

僕もダンスが好きだった人ではなくて、元々僕はダンスがかなり踊れませんでした。運動音痴?のような感じ。リズム感もなかったし、ダンスが好きではなかった。

 

うそじゃん……………………………今のドンヒョンくんを見てるとまあ信じられないような話ではあるんですけど、でも彼は1999年生まれで今の事務所ウリムに練習生として入社したのが2012年らしいのでたしか小6からと言っていたような…………………そう考えるとそんな幼くして入ればダンスは未経験からだろうしそこからデビューする2017年までの5年間どれほど…………………………という。

 

 

そしてまた印象的なのが

②元々は歌が好きで歌を通して事務所へ入所していた(が、変声期によりダンスへと移行)

これは前にも話をしたけど、元々僕はボーカルが好きで歌が本当に好きだった。以前、最初に事務所に入った時も歌で事務所に入るようになったけど、後になって変声期が来て歌に対しての自信がなくなってしまった。それでダンスを一生懸命練習したんです。

これもまた以前、ドンヒョンくんと同じ時期からウリムの練習生をしているデヨル、Y、チャンジュン辺りがたまに話をしてくれてましたがそれが何かというとこれ

 

「彼は神童だった」

 

 

チェスト(地声)みを感じさせないハイボイス……………………そしてある意味では絶対音感のような音感を持ちながらそれを声として音に合わせていくことができるとリーダーのデヨルさんが言ってるんですけど、そうなんですよね。音感があってもそれを適切に声として出せるかというのはもしかしたら別問題かもしれないので、それが出来るドンヒョンくんはとんでもない感覚の持ち主な気がします。気がしてしまった。

 

 

 

 

上記のツイートはすべてただの推測ですけどね、ただただ勝手な推測なんですがいずれにしても神童…………………………………………おいどんだけ上手かったんだ………………………

そして「神童」と聞けばジャクソン5時代のマイケルジャクソン??幼少期のジャスティンビーバー??ケーポップスター出演時のバンイェダム??????とそこら辺を彷彿とさせますが……………………………………………なによりも歌うのが好きで楽しくてこの道を志したんだなドンヒョンくん……………………………………………

 

 


[골든차일드/동현] 골든차일드 음색깡패 동현이

 

だがしかし、神童は変声期を経ても神童…………上に貼った動画はドンヒョンくんの歌唱まとめなんですがこれ聴けば分かるんだよな。彼の声帯は宝………………………

そして変声期後の今も卓越した音感で音を完璧に合わせてくる天才………………………………………………

 

 

あーーーーーーーそう!個人的にこれ↑すごい好きですね。不朽の名曲でのステージなんですが少し珍しい彼の強めのボーカルが聴けるのと、あとは強めの声だからこそかなり彼自身の発声自体がかなり良いことがわかるフレーズな気がします。かっけえ…最後のシャウトでオタク完全に狂う。

 今まであまりこのベクトル?スタイル?の歌い方はあまり見なかったように思うので新鮮だったな…ボーカリストとしての可能性がありすぎるのに加えて、そこに対して意識的にも実力的にもドンヒョンくん自身が覚醒していったら一体どこまで最高になってしまうんだろうか?????????????

 

ここでひとつ韓流ぴあ2020年6月号の「Golden Childと過ごすGOLDEN TIMEシーズン2」という企画のドンヒョンくん特集回のインタビューの自己分析コーナーの中で自身の(アーティストとしての)戦闘能力点数に100点を付けていて、そこで

 

アーティストとしての僕の武器は独特な声色と正確な音程。アカペラで歌う時にも、少しのズレもなく歌えるのが自慢です。

最近新曲をもらいました。編集版と再編集版の二つのバージョンがあったのですが、微妙に違って聴こえる部分があったんです。でも僕が「ここ、変わっているよね?」と言っても、メンバーは誰も気付いていなくて。それでもう一回みんなで聴き直してみたら、使っている楽器やリズムがかすかに変わっていたんです。メンバーたちに「お前はAIか!」って驚かれました(笑)

このごろ、音楽を聴く時、どんなソースを使っているのか、どんなビートを使っているのか、細かい部分まで聞くようにしているのが役に立っているのかもしれません。

 って、こう言ってるんですけどなんだよそれもう………………

 

耳めちゃくちゃいいじゃん……………………

 

踊る時も、動作をするにあたって音の取り方が半端じゃないというか。音全て取ってくるんだな………………なところがあるのでそこら辺はもう地続きなんじゃないだろうか。

 

 

あと加えてドンヒョンくんの歌唱についての言及に関してはこのコンテンツが印象的だったなと思います。芸能専門記者からライターに転身したパクヒアさんという方がされているインタビューコンテンツのようなものなのかな????5回に分けてゴルチャ編を編成してくださっていて最初のフルアルバム「Re-boot」のリパッケージアルバムである「Without you」全曲のリビューとその楽曲それぞれのビハインドまで話してくれているコンテンツ。아뷰뷰

でその中の느껴져 についてのリビューの際にヒアさんがドンヒョンくんの歌唱について語ってくれた部分がこちら↓

 

www.youtube.com

 

これ何が良いかって、たとえ発音が崩れるという課題が録音時にあったとしてもそこを本人が意識して努力して切り抜けていったときにそれが具体的に長所となって聴いている側への印象として現れるだけじゃなく、こうやって思わぬところで称賛を受けることになったというところが本当に良いな……………………………になりますね……………結構これドンヒョンくん面食らって驚いてる感じしますけど、いや………………………これ嬉しかったでしょ……………………………………その後に隣に座っているテグくんが「発音も発音で良いんですけどドンヒョニは音程が本当に正確なんです」って食い気味に話してくれてるところも含めてめちゃくちゃニコニコした。

 

正確な発音と音程があり安定感が抜群であるからこそそうなのかドンヒョンくんの歌唱はなんというかすごくちょうど良いトーンで落ち着いていて、耳触りが良くて、少し適度に心地いい程度にかなりソフトなスモーキーさ?しっかりと残る声に聴こえるんですよね。だからこそのこれ??↓

 

f:id:showpercent:20200801020145j:image

 

物語を読み上げ、語るように歌うボーカリスト…………………………………………

 

最近だと前記事にも書いたTake a Leapアルバムの「H.E.R」のドンヒョンくんパートにそれを顕著に感じましたが、これまたそれが多分一番感じられる気がするのはTHE LIVEのドンヒョンくん回だったような気も…………………………………………

 

 


폴킴 - 안녕 (Cover by. DONG HYUN of Golden Child) [THE LIVE]

 

これ正直言うと少し意外??というか、確かドンヒョンくんがこのOST曲が起用されていたドラマを好きでよく見ていたとどっかで言ってたような記憶があるのでそれでこの選曲なんだろうか。でも、もし彼がこれを歌ってくれなければたぶんポールキムさん楽曲とドンヒョンくんのイメージが繋がることってなかったと思うんですよね。わたしはたぶんなかったと思うな………………ポールキムさん楽曲は好きでたまに聴きますがドンヒョンくんの歌唱とは繋がらなかったと思うんだけどでもこれをいざ聴いてみて

 

「もしかしたら何を歌っても、どの曲に対してもしっかりドンヒョンくん自身のイメージを投じられるのが彼の声なのでは??????」

 

と思ってしまった。彼自身の声がもう彼の個性なのでそれに勝るものたぶん何もないんじゃないか。曲に染まるタイプではなくて曲を染めるタイプ?????????

 

本の話を読んでくれているようなドンヒョンくんであるものの、その歌唱の主人公はいつもちゃんとドンヒョンくん……………………………………………………みたいな。

 

 

 

で、5月くらいにしてくれていたワイくんとの屋上チルブイラで「THE LIVEまたしたいです」「実は練習してる」みたいなこと言ってたのでもうこちらとしては「待ってんで!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」の一択

 

 

 

ここら辺で個人的にですけど勝手に「ドンヒョンくんかなりジャスティンビーバー好きだろ説」っていうのが生まれてきてしまってですね………………よく考えてみたら現役で歌神童してた頃のチェスト味を感じさせないハイボイスといえばそれが合うのってジャスティンビーバーの過去曲かなり多くないか???????ってので全部推測ですけど、もしかしたらよく聴いてよく練習してた可能性もあるな〜〜〜〜〜〜〜〜と考えると今のドンヒョンくんが歌うジャスティンビーバーの新譜曲めちゃくちゃ聴きたくないですか…………………

 

 

あとあのポケットドルズっていうファンとの疎通アプリ??のようなもので私ではなくて違うゴルドゥニスの方がもらっていた返信の中にどうやら1Dの曲をカバーしてみたいというものがあったようで……………………………………

 

 

Night Changes

Night Changes

  • ワン・ダイレクション
  • ポップ
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

 

ジャスティンビーバーのもそうだし、この1Dのもそうなんですけどドンヒョンくんがこう自分の納得のいくような歌唱が出来たらちょっとおこぼれ程度でも聴かせてほしいですね…………………………………きっとめちゃくちゃ良いので。それを彼が満足しながら楽しんで歌ってくれたらもっと良い。

 

 

で、オタクの欲望が剥き出しになるので本当にごめんなんですけど、ここからしばしドンヒョンくんに歌ってみてほしい曲いくつか…………………………

 

 

 

・‪LONG:D - smile (feat. MK of 온앤오프, Chawoo)‬

 

youtu.be

 

smile (feat. MK(ONF) & Chawoo)

smile (feat. MK(ONF) & Chawoo)

  • provided courtesy of iTunes

 

 

・Red House - How we feel

 

youtu.be

 

How We Feel

How We Feel

  • Red House
  • R&B/ソウル
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

 

 

・IU - 가을 아침

 

youtu.be

 

Autumn Morning

Autumn Morning

  • provided courtesy of iTunes

 

 

・‪A Great Big World - Rockstar ‬

Rockstar

Rockstar

  • A Great Big World
  • ポップ
  • ¥255

youtu.be

 

 

IU曲に関してはもう、ドンヒョンくん自身がIU曲をかなり好きなようなのでもう「一回ちゃんと歌ってみちゃいなよ…………………………………」の気持ちなんですけど、まあオタクはエゴ剥き出しの生き物なので挙げたやつ全部好き曲です。そういうもんだよね………………そういうもんだよな………………………でも良いんですこういうのは本当にただ想像するだけで満足できる自給自足のあれなので……………………………

 

でもそう考えると、歌ってほしい楽曲聴きながら自分がドンヒョンくんに対して持ってる基本的なイメージが分かってしまう気もします。こういう雰囲気が合うだろ……………と思って挙げてますから…………………

 

 

 

 

で、歌の話長くなりましたが次…………

③他の練習生のヒョンたちのようにダンスが上手くなりたくて、彼独自の練習法で練習に打ち込むようになる

 

練習生の時、ヒョンたちはダンスがすごく好きでとても上手く踊るんだけど、僕はその時ダンスを踊れない人だった。だから「僕もヒョンたちのようにダンスを上手く踊りたい」そう考えてました。
それで、(踊るための)練習室に行くと鏡があるじゃないですか?その鏡にピッタリとくっ付いて(鏡のかなり近くで)ずっと練習していたんです。そうやって練習をしてました。

 

 

実は今回のブイラの話の部分でかなり印象的でしたここ。

 

これももう独断と偏見の話です、本当に完全にイメージのみの話なんですが鏡の目の前でってことは完全に自分と物理的に??向き合う形になるわけじゃないですか本当に完全に。そうしながら練習をするってのは、いやもちろんダンスを練習するなら鏡を見ながら練習するわけですから当たり前なんですけど鏡に限りなく近くに寄ってっていうのが本当に印象的だった。言わば自分のこの踊りの現状を直視するってことじゃないですか。そう見えてしまったんですよね。自分と完全に向き合い切って練習してる。それが個人的には「すげーーーーーー………………」になってしまったわけですよ。

その当時はヒョンたちのように上手く踊れなかったとしても、自分の可能性はしっかり肯定しているようなイメージを受けましたね。そうじゃないと……………………出来ないって………………もちろん私個人の尺度で考えるのはナンセンスですが、自分に置き換えてそれを考えたらおそろしくすごく感じてしまった。彼にとっては!それが彼のスタンダード?であるだろうから「彼は自分のすべきことをし、努力したまで!」になるのかもしれませんが、彼とは全く違う人間であるこのオタクの目にはそれがすごくこう羨ましくもあり。違うからこそ凄さが分かっちまった。

 

いや、でもそれにしてもそのスタートからグループのメインダンサーに至るまで実力をしっかりと自分の意思で努力して付けていったわけですから、めちゃくちゃすごくないか…………………………………………………………………………

 

 

それで加えて話していてくれていたのが

 

事実、各自皆さんのやりたい事はそれぞれあるじゃないですか。それで僕はいつもこんな考えをしたんです。「出来ないけど、多くの努力をしてダメなことはないんだな」と。

(僕も)今もとても不足していて、ダンス(の実力)も不足しているので休みの日があれば(練習室に)出てきて練習をしているんですが、家族・知人やゴルドゥニスの皆さんに「どうしたら上手く踊れるか」を聞かれたなら今もお答えするのが大変です。

僕もただ、練習だけをずっとしながらある瞬間に僕にも分からずただ(実力が)伸びてたんです。(いつの間にかダンスを)好きになって、でも好きな事もずっとやってみたらスランプが来て大変な時があるじゃないですか。それでもそういうものも全て無視してただ無闇にやってみたらある瞬間伸びていたみたいです。
そうやって伸びたから、練習の時も「ダンスがすごい伸びたな」「上手に踊るね」とそういう言葉を多く聞けば気分が良くなりました。

今も本当にまだ僕は学ばなければいけないこともとても多く、練習ももっとしなければいけないです。
僕は元々自分がすることや自分に対して褒めることはあまりしなくて、ただ「お前はもっとやらないと。しなきゃいけない。無条件にやらないと。」と抑圧してたんです、僕自身を。
しなければいけないことはしなければいけないし、まだ学ばなければいけないことも多いし。まだとても不足だから「もっと一生懸命にしないといけないよ」としながらも、でも一方では最近になって少しずつ(自分に対して)「よくやってるよ」「お疲れ様」と言ってあげたりもしますね。

以前、Born Black(ゴルチャとよく作業を共にする振り付けチーム)の団長が「(本当に運動音痴な人はいない)誰でもやれば出来るんだ。」と話してくれたんですが、それに共感できるのが僕も運動音痴だったから。
だからもしゴルドゥニスの皆さんの中にダンスへの関心が多くあってダンスを上手く踊ってみたいと思う方がいるなら、本当にダンスを好きになって そしてたくさんの努力をしたなら上手く踊れる人になれるんじゃないかと思います。
本当に僕は運動音痴だったんですよ?昔から練習を一緒にしているデヨリヒョン、ソンユニヒョン、チャンジュニヒョンは知っていると思います。僕が運動音痴だったこと。

だから色んな方によく「どうしたら上手く踊れるか」とたくさん聞かれるので、この話をしたかったんです。

 

もう努力を出来るのもたぶんひとつの才能だと思いますし、これはそこに対してストイックにやってきたドンヒョンくんだから言える話だな〜〜〜〜〜〜〜〜〜と。皆が出来るかは別として、話自体の説得力がめちゃくちゃある。

 

そしてここで最近ようやく自分に対してこう喝を入れること?は続けてしながらも、労ったり褒めることもするようになったというのが彼のネクストステージの幕開けでは…………………………………という感じもする気がします。可能性の広がり方が尋常じゃない。

 

 

 

④海外の振付師が振り付けたコレオ映像を探し、気に入ったものを自分も踊ってみるのが最近の練習方法

最近は海外の振付師の方達の映像がYouTubeで探してみると多く出てくるじゃないですか?とても多く出て来るんですが、その映像を探してみながら「これもいいな、これもいいな」ってしながら探して観て、それを練習してます。

 

でこれ!!!!!!!!!その映像もいくつか過去に載せてくれていたので答え合わせ的な??「でしょうね……………………」的な話ではあったんですが、個人的にドンヒョンくんの一番好きコンテンツこれ(すごい強調するじゃん)なんです。このオタク一番興奮してしまうのこれなんですよ…………………………これ本当に観る度、オタクの意識は宇宙へ……………………(?)いや本当に良いんです………………………海外のダンスワークショップに参加してるみたいな雰囲気めちゃくちゃあるんですけど、それがめちゃくちゃ良いんですよ…………………見せてくれて本当にありがとうな…………………の案件。

 

なんなら本人もアメリカに行ってダンスを学びたい」って言及してくれていたのでそうだよな…………………そのスタイルの練習方法だもんね…………………

 

 

 

で、彼が今までに公開してくれた練習動画は大体この動画にまとめられていると思うので貼っておきますね。良すぎてびっくりしてしまう練習動画集。


[골든차일드/동현] 동현의 댄스 커버 모음 (Golden Child Donghyun Dance Cover Compilation)

 

 

それで何を隠そう(隠してはいない)私がしっかりゴルドゥニスになるようになったきっかけがたぶんこの下に貼ってあるジャスティンビーバーのHit the Groundの練習動画との再会……………なんですよ……………………面白いな……………オタク人生何が起こるかってのも、はたまたどう転ぶかってのも全然分からないもんで。

 

それでも自分元々は以前ゴルチャの先輩にあたるINFINITEのオタクをしていた時期もあったのでゴルチャに関しても2017年のデビューから曲は聴いていたしステージも観ていたし顔も名前もある程度の特徴もインプット済みだったんですが、なんせクソカケモオタクなので並行して追うグループのひとつだったのに………………………

 

実はこれフォロワーさんにゴルチャをダイマするため、乏しい記憶を辿って探し出して公開時ぶりに観たんですが〜〜〜〜観たが最後……………終わってしまいました…………………………終わった?違うな……………始まってしまいました………………………

当時も「いいな」と思ってたので記憶に残ってたんだと思いつつも、なんででしょう??時を経て観てみたら、ほんっっっっっとうに純粋に楽しかった……………面白????!になってしまった。ここでかなりやばいものを感じてしまったので応援するに至ったと思うんですが、こんな誠実なエンターテイナーいるんだな……………………………自分と向き合い続け、鍛錬し続けるとこういうエンターテイメントを作り出せんだ…………………のこの新鮮な感覚がオタクを虜にしてしまったようです。キムドンヒョン……………すごい子…………………

 

 

 

 


EZtwins Hit the Ground by Justin Bieber Dance Choreography

 

ちなみにコレオの元ネタはこのEZ twinsのものみたいなんですけど、こうやって元ネタと交互に観ながらドンヒョンくん自身がどうコレオを消化してどう表現に変えていくのかを見ていくのがなんというか………………楽しくてですね………………楽しいんだよな………………………………ドンヒョンくんが海外振付師のコレオを踊って練習した動画を観るのが好きな理由はたぶんこれです。ドンヒョンくんの消化の仕方、表現の仕方を見たいんだと思う。

 

 

 

そういうオタクなので、先ほども言及したポケットドルズでオタクがドンヒョンくんに直接好きな振付師を聞いてみたらなんと……………………返事が返って来た……………………

 

Oh, gosh……………………

 

 

オタクも実はわりとショーンくんの映像をちょいちょい以前観てたりしていたので、完全に興奮してしまい………………………………

 

そしてショーンくん、01生まれのようですけど踊れるだけじゃなく振り付けも作るし、歌も歌えればピアノも弾けたり料理まで上手いらしいという…………

 

mainichino-kurashi.com

 

dramaticna.com

 

個人的には同じくダンサーであるKaycee Riceちゃんとショーンくんで踊ってるのがかなり好きかも


Sean Lew and Kaycee Rice - Summer Feelings - Charlie Puth & Lennon Stella- Sean Lew Choreography

 

 

あとショーンくんはNCTのテヨン、マークとも踊ってましたね!!ちなみにマーク、ドンヒョンくんの高校生時代の友人。

youtu.be

 

 

 

で、これはショーンくんが振り付けたものではないんですが先ほども載せたjuiceは同じ曲、同じ振りでショーンくんとドンヒョンくんが互いにそれぞれ踊っていたのでちょっと並べて貼っときます。こうやって並べてみるとダンススタイルの違いが見えて面白いのと、振りの活かし方も両者それぞれに良い部分があることが分かるのでめちゃくちゃ楽しい…………………

 

 

 

ちな、これがコレオの元ネタ動画。


JUICE - Chris Brown | Choreography by Alexander Chung

 

 

あとちょっとこの流れでここにオタクが勝手にこうドンヒョンくんが踊ってるところを想像して嬉しくなるみたいなただそれだけのパフォーマンスをいくつかちょろっと載せときます。踊ってほしい!!とはまた少し違うような気もするんですが……………想像だけ!踊っている想像だけでかなり楽しくて「これドンヒョンくん似合うやろな……………………」のやつ。

 

 

・Brass tracks - Telling the Truth(feat. Lido & Father Dude)

 


Soreal | 1st Place | World of Dance Orlando 2017 | Winners Circle | #WODFL17

元ネタはこれで、基本的にこのパフォーマンス全体がわりと好きなんですが曲的に特筆するとしたらこの曲のパフォーマンスかな……………(動画の3:48あたりからスタート)でわりと振りに対しての音の取り方?っていうんでしょうか………動作が多めで細かくて取りに行く音が多いようなの似合いそうだな…………の意。

 

Telling the Truth (feat. Lido & Father Dude)

Telling the Truth (feat. Lido & Father Dude)

  • Brasstracks
  • エレクトロニック
  • ¥204
  • provided courtesy of iTunes

 

 

・‪Kirk Franklin - Looking for you


Kaycee Rice - Kirk Franklin - Looking For You - Choreography by Willdabeast & Dj Marv

これゴスペルなんですが「陽!!!!」だし「歓喜!!!!!」みたいなイメージがあるので基本的に祝祭始まっちゃったかのようなやつです………………楽しいんだよなこれ………………すぐ推しに脳内で祝祭させるマン。あとこの前列左で踊ってる子はさっきショーン君のところでちらっと出てきたKayceeちゃん。

 

Looking for You

Looking for You

  • provided courtesy of iTunes

 

 

とまあオタクの勝手な願望はここら辺にしておいて…………………

 

 

こんな感じにうまーく現在の練習方法も教えてくれながら、ブイライブ自体は終わっていくんですが最後にアドバイスっていうのかな。

 

あと、もし皆さんがリズムに乗りたいならこうやってみたり(レクチャーをしながら)リズムに乗るのが難しければ、まず首から。首だけを使ってリズムに乗ってみるのがあるじゃないですか。
僕も最初は曲でリズムを取るのも大変だったんですよ。だからまずはリズム感から。自然に。

 

これはもう、ダンスを好きになって極めていくようになるまでに最初はむしろ苦手なところから始めたという彼だからこそのアドバイスだなと思うんですけど、こうやって「無理なく自然にリズムから取っていくといいよ」っていうのはたしかにかなり理にかなっているんじゃないかな……………と思います。リズム取れないと踊るの難しいもんね……………まあ私も踊れませんが…………………でも今できなくてもここから始めたらいいという指標?っていうのかな。それを提示しながら「大丈夫、出来ますよ。」って示してくれることは、これからダンスが上手くなりたいと思っているゴルドゥニスの子たちにはかなりありがたいんじゃないか…………………………

 

 

 

とまあここまで書いて来ましたが、普段わりとツイッターなんかではドンヒョンくんについて「かわいい…………………」とか「おかわ…………………」とかばかりなんですけどね………………でも、実はかなりこういう要素を見ているような感じかな。

小6で幼くして練習生となっておそらく紆余曲折ありながらもメインダンサーとしてデビューをしながら、また彼の色んな面を垣間見てもおそらくアイドルとして、歌手として、パフォーマーとして観る人を喜ばせる欲がかなりありそうですしそこに対していく意識も彼なりにかなり高められたものである気がするのでなんていうのかな〜〜〜〜〜〜オタクも自分の人生をちゃんと生きながら応援しつつ、喜んでステージに立つドンヒョンくん自身とまた自分も鑑賞する側としてではあるけども同じように一緒に喜んだり楽しんだりするそんなオタクでいたいもんです。。。

 

そしてtmiばかりで申し訳ないんですが…………そういうドンヒョンくんが表現してくれるものに救われる心が数多く存在してしまったのでこんなあり得ないほど長い激重記事を認めるに至りました………………そうなってしまった………………………………

 

 

で、あと本当に最後!!!!最後にするんですけどドンヒョンくんは表現のジャンルをまーーーーーた開拓しつつあるようで…………………なんで????天才なの????ここまでくるとやっぱりアイドルというよりか表現的にはエンターテイナーで合ってるような気がまじでして来ましたが〜〜〜〜〜………………

 

 

 

なんせ演技も上手い。


[골든차일드] 연기천재 김동현 모음

 

 

f:id:showpercent:20200808200829j:image

おしまい。

 

ゴルチャ Take a Leap 所感

 

 

f:id:showpercent:20200710182213j:image

 

 

 

名盤爆誕してた

 

 

 

もうだいぶリリースから時間が経ちましたがそこそこに聴き込めましたし、あとリリース前の時点で予想記事?も書いてしまったので所感も残しておきますね。面白いことは書けないと思いますので悪しからず…………

 

 

showpercent.hatenadiary.com

 あ、リリース前に書いた記事はこちら。…題名長いな。

 

それと以下目次です。

 

 

 

 

それじゃあさっそく行きますか‪〜〜〜〜〜!

 

①TAKE OFF(intro)

 

 

Take Off

Take Off

  • Golden Child
  • K-Pop
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

 

来ましたねイントロ…わりとタイトルのONE自体が強めの音を多く使っているのでその質感をもちろん持ったイントロトラックではありますが、「思ったよりトラック自体のテンションは一曲通してそこまで大きく変わることがなかったんだな」の印象があります。

もちろんテイストが変化する面白いトラックだとも思うんですけど、それ以上に重厚感が終始感じられるからそうなのか??

 

参考までにmelonのアルバム詳細情報に書かれている説明を載せておくと

 

골든차일드 ‘자아 찾기’ 3부작의 마지막을 여는 프롤로그 형식의 인트로. 실험적이며 거칠고 도발적인 사운드가 인상적이다.

ゴールデン・チャイルド'自我を探す'3部作の最後を開くプロローグ形式のイントロ。 実験的であり、荒れて挑発的なサウンドが印象的だ。

翻訳かけたら問題なく読み取れたのでそれも併せて貼っちゃいますが、なるほど…実験的であり荒れて挑発的であるのが印象的。

 

 

 

でまあやはりタイトル曲に向けての序奏にあたるので、映像的なイメージとしてはMVより個人トレーラーの雰囲気が思い出されるかも。

 


골든차일드(Golden Child) 4th Mini Album [Take A Leap] Comeback Trailer #DONGHYUN

 

さーせん…私がドンドゥニスなのでドンヒョンの貼ります…

 

 

これ個人トレーラー自体はBGMパターンが3つほどあったと思いますがドンヒョントレーラーに使われているパターンの音が一番怖かった。あと、見たところドンヒョンのトレーラーがなんて言うんですかね…一番豊富なカットで表現されてる部分が多かった気がするな…なんでだろ。ジュンヨプのみぞ知る。

 

 

でもイントロにしても、個人トレーラーにしてもタイトルMVにしてもかなりドラマチックである様子がうかがえますよね。

 

自我探し三部作の最終作であるこのアルバムですから、ドラマチックに制作しそこに近づけていくための演技をするとは言えどこれは彼ら自身の成長と密接に関わったものであるようなので作り上げられた虚構のものという感じはしないように思います。

むしろ三部作を通して変化していった部分の集大成であるこのアルバムを完成させるための工程がすべてネクストステージに繋がってんだな……ということをイントロ聴きながら考えてたので所感もそういうことにしておいてください(?)無理やり

 

 

そういうものを感じさせてくれるトラックでした。

 

 

 

あと今回一番"TAKE OFF"ぽいのってボンジェヒョンのマイケルジョーダンでしょ

f:id:showpercent:20200710173838j:image

 

 

 

 

 

②ONE(LUCID DREAM) title

 

 

ONE (Lucid Dream)

ONE (Lucid Dream)

  • Golden Child
  • K-Pop
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

 


골든차일드(Golden Child) ‘ONE(Lucid Dream)’ MV

 


[MV] Golden Child(골든차일드) _ ONE(Lucid Dream) (Choreography ver.)

 


골든차일드(Golden Child) 'ONE(Lucid Dream)' Dance Practice

 

 

 

です。

 

いやこれフォロワーさんが「変態だろ」って言っててそれに激しく同感したツイートなんですが、構成がまーじで独特じゃないですか?私もタイムラインにいる人たちも大混乱した。

 

でこれなんでだろうかと思って気になるポイントをいくつか挙げてみるんですけど

 

 

 

(1)イントロが16秒?(8小節?)

これ凄くないです??最近はわりとイントロが短い曲が(むしろ無い曲も)多い中で4小節(秒数でいうとたぶん8秒)どころかプラスしてもう4小節設けてきた。(もう8秒プラスしてきた)正直最初聞いた時に4小節で歌いだし始まると思ったんですよ。そしたら急にめちゃくちゃ強い音が入ってくるわコレオも急に強烈に出てくるわで意識飛びました、どっか行った。

 

でもこれ巧妙だなとも思うのが、イントロが長くても意外性がかなりあるので(むしろそこ狙った?)かなり強い印象を受けますよね…これリスナーとして結構うまいなと思いました、一本取られたな。ちなみにyoutubeにあげられたONEのリアクション動画でも、多くのリアクション系YouTuberさんたちが似たような衝撃の受け方してた。

 

 


Golden Child 'ONE (Lucid Dream)' Reaction/Review

 

 

 

あとはこの後半の大どんでん返し部分、音の強さもですけどさっきも言及したようにコレオもかなり印象強めのコレオ持ってきてますよね。

群舞に定評があるパフォーマンスに強いゴルチャとの作業だからできることだとも思いますがこの曲はアーティストとコンポーザー(作曲者)とコレオグラファー(振付師)でかなり試行錯誤したんだろうな…のイメージが強い。あとこれについてはまた後で補足して言及します!たぶん!(アウトロのとこで)

 

 

 

(2)1番と2番でAメロの構成を変えてくる

音楽に精通しているわけではなく、かろうじて知っている乏しい知識を総動員して所感を残してるだけなので間違ってる部分があったら申し訳ないんですが(先に言っとく)とりあえず書き出します。

 

もうこれそもそもAメロBメロで定義できない場合もありますけど、これはいわゆるAメロが1番の場合は同じフレーズを繰り返してるような感じに見受けられますが2番の場合はこのAメロを丸々全く違うものに変えてくるBLSSDさん……………

 

 

この傾向は3部作を通して見受けられたんですが、その造りがめちゃくちゃ面白い……………し、飽きない…………上手いんだよな上手いんですよ…………

 

 

あと1番のAメロ前半すなわち曲の歌い出しスンミンドンヒョンからのジュチャンパート大好きです、おれがミッチョッタ。歌いだし前が強い音なのでそのまま強くジボムあたりが来るかと思ったら、まさかのスンミン。かなり絶妙に抜け感持たせてスマートに入ってきますよね。パート割でも曲に表情つけてくるんだよな…

で次の打者(打者)ドンヒョンはこれ発音がしっかりしてるのと、あと声が基本的にソフトですが重厚感ある曲になるとそれが安定感に変わるので恐ろしいです。好き声、好き歌唱。彼は神童。

で、その次に来るジュチャンパートのシンプルな重低音の刻みに対する歌唱のはめ方が相当好きですねと思ったら時点のラッパーラインによるウィスパーパートまで完全に好きだな…序盤でもう白旗あげた。🏳おれの負け。

 

 

 

 

 

(3)サビ前半、音一気に絞ってゴリゴリのスラップベース入れてくる

 

大本命きた……………………これ本当にやばい。やばいです危険。もともと自分が低音ガンガン効いてるの大好きなので狂った。タイムラインの住人も相当ベース狂いしてました。「現ジャンル:スラップベース」のオタクが数多く出没することになる事態に。

 

 

 


Golden Child (골든차일드) - ONE (Lucid Dream) MV REACTION!! || SONG OF THE YEAR!!!

 

この反応はおれだ…

 

 

 

 

で、これは遡ることMVティーザーが出たときから始まるんですが

 


골든차일드(Golden Child) ‘ONE(Lucid Dream)’ MV Teaser

 

いやwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwBLSSDさんがティーザーの編曲までしてるのかどうかは分かりませんが、三部作全てフル音源からの切り取り方、聴かせ方、編集の仕方が上手いんですよ…………

 

でちなみにこれはフォロワーさんが言及されていて「そういえばたしかにな」と思った内容であることをちょっと明記しておきますね。フォロワーさんの所感ベースの話。

 

 

あ、参考までに過去2作のも載せます

 


골든차일드(Golden Child) ‘WANNABE’ MV Teaser (Short ver.)

 


골든차일드(Golden Child) ‘WANNABE’ MV Teaser (Performance ver.)

 


골든차일드(Golden Child) ‘Without You’ MV Teaser

 

 

 

上手いwwwwwwwwwwwwwこれフル音源を聞きなれた今改めて聞く方がちょっと楽しかったりする。うまいですよね、聴かせるところはちゃんと聴かせて隠すところは絶妙に隠すんですよ。でもそれでも興味をかなりそそる切り取り方をするのでお手上げ。

 

今回のONEのティーザーもよくあそこまで核心をついて興味をそそったな…………………でもティーザーの時点だとサビ部分のスラップベースの印象が強すぎてガンガンにビートが鳴ってるのが想像つかないんですよね。そんなのフル音源聴いてあんなに強い音ガンガン効かせられたら腰抜かすの当たり前やないか。ビート無双、ベース無双。

 

 

 

 

 

 

 

(4)王道のブリッジからの大サビの編成ではなくかなり長尺のアウトロ?とダンスブレイク

 

これたぶんアウトロなのかわからないんですけど、ダンスブレイクが入る終盤の部分。ここも尺長いんですよ。たぶんイントロと同じくらい尺とってる。でここでイントロの項目で言及した話をとりあえず戻すんですが、彼らの話だと「最初に曲を聴いた時このダンスブレイク部分はなかった」と話しています。

 

 

 

曲で表現してくるのと同等の勢いのコレオのやばさで終始ぶん殴ってきます。この曲。まあオタクそういうのかなり好きなのでかなーりありがたいんですけど

 

でもこれ相当な挑戦だったんじゃないでしょうか…………どういう経緯でダンスブレイクにここまでの存在感を持たせようとなったのかは現時点ではたぶんまだ明かされてませんが(まあ明かされないだろうな)それでもこの挑戦・この構成はかなりのインパクトでしたし、リリースされてすぐの聴き始めはあまりにも不思議で「??????」になってましたけど、今回のONEは初めて聞いた時のインパクトだけでなく聴けば聴くほど面白く感じる曲なのかもなと思ったりします。とんでもないスルメだな。

 

しかしいやずるいですよね、かなり新鮮な曲の構成ですし、使われている音や決定的に彼らのボーカルがやばいし。しかもサビ、かなりキャッチ―だし………………

 

 

 

この映え方で、恐ろしくキャッチーなフレーズ繰り出してくるの鬼でしょ。(本当にありがとう)

 

 

あとダンスブレイクの話に戻すと、今回ワイくんが本当に覚醒していたのもかなり印象的でした。歌唱でももちろんメインボーカルの2人が完全に違うベクトルのやばい声で代わる代わる無双してくるんですが、ワイくんに至ってはイントロの初めからコレオでも重要なポジションに位置し、ダンスブレイクの始まりはワイくんセンターで始まるのってこれ相当…ね?相当いろんな重圧もあったかと思うものの本人は「メインダンサーの気持ちで臨みました」みたいに言ってたので、ワイくん相当エキサイトしてやってたんだろうとも思いつつ。すごい人だなほんと。

「練習生始めたころはダンスが苦手だった」らしいところから、ここまで任されるようになるのはもちろん本人が持ち合わせたセンスもあると思いますが、磨き上げられるのがすごい。まあ、あとは運動神経めちゃめちゃいいもんね…完全に運動が出来る人の動きなので大好きです。

 

 

 

 

でもうついでにダンスの話までしますが、個人的にゴルチャで好きな踊り方をするメンバーが3人いてそれがまずメインダンサーのドンヒョンに次いでワイくん。そして3人目が誰かというとスンミンなんですよ。

 

実は個人的にスンミンの踊りがすごく好きでですね…彼の踊りに関する感覚体型体格とあとJYPでおそらく基本的なところを学んできたってのがかなり大きいと思うんですが今回のONEで印象的なサビ前半部分は特にスンミンの動きがかなり最高なのでちょっととりあえず見てほしい。

 

 


[주간아 미방] 골든차일드 배승민 'ONE(Lucid Dream)’ 직캠 l EP.465

 

 

最高だ………………週刊アイドルの純度100%チッケム…………………

 

以前スンドゥニスさんともこの話しをしてたんですが、スンミン本当に体幹お化けなんですよね…ブレない。全然ブレません、すごい。

あとこれ私別にダンス経験者じゃないので完全にイメージですが、小柄な体格だからこそできる踊り方のようにも思います。力の入れ方なんかは少し違うと思うけど、セブチのウジくんと似たものを感じる。(気がする)かみ砕いていうと身体全体を効果的に動かしやすいみたいなイメージ。

 

あとウリムに来る前はJYPで練習生をしていたというので、それも踏まえて観てみるとかなりJYPが良しとして指導している踊り方に限りなく近いようにも。

最近まで話題だった虹プロジェクトを私も少しかじっていましたが、その中でJYPの社長がダンス部分に言及し指導してあげていた内容も兼ねてスンミンの踊り方を考えてみると

 

・余分な力が抜けた状態である

・動きが軽く素早い

・腕を動かすときに肩から動かせている(肩がしっかり使えている)

 

この辺りが大きく挙げられる気がします。基本的に無駄な力も無駄な動きもない感じ。あとこの肩からの動きってのは、何日か前リア友(オタク)にこのチッケムを見せたとき「この子!肩の使い方上手いね????!」の感想を投げてくれたので気が付いたんですけど、意識して観てみたら肩の動き…相当うまいような気がする。しません?解釈違いだったらすいません…

 

で、あと踊りのタイプ的に言うとスンミンとドンヒョンはかなり踊りの相性がいい組み合わせだと思っているので今回かなりシンメコレオがあったのかなりテンション上がりました。ありがとうBornblack…

 

 

 

 

 

 

でここまで来てmelonの曲説明文載せると

 

타이틀곡 ‘ONE(Lucid Dream)은 ‘WANNABE(완벽한 ‘너’가 되고 싶음을 갈망) – ‘Without You’ (답을 찾을 수 없는 상실의 공허함)의 여정을 지나 ONE(Lucid Dream)이라는 답에 도달하게 된다는 골든차일드 ‘자아찾기’ 3부작 서사의 마지막 종착지이다. 사실(현실)은 이미 내가 바라는 이상향만큼 와 있지만 욕구만 있는 꿈속에서 깨지 못하다가 결국 꿈에서 깨면서 이미 하나(ONE, 완벽한 상태)가 되어 있음을 깨닫는 가사가 인상적이며 드라마틱하고 정형화 되지 않은 과감한 곡 구성과 몽환적인 사운드가 돋보인다.

タイトル曲'ONE(Lucid Dream)は'WANNABE(完璧な'君'になりたいことを切望)–'Without You'(答えを探すことができない喪失の空しさ)の旅程を経て、ONE(Lucid Dream)という答えに到達するようになるというゴールデン・チャイルド'自我を探す'3部作の叙事の最後の終着地だ。 事実(現実)はすでに私が望む理想郷くらい降っているが、欲求だけいる夢の中から覚めなかったが、結局、夢から覚め、すでにひとつ(ONE、完璧な状態)になっていることを悟った歌詞が印象的でドラマチックて定型化されていない果敢な曲構成と夢幻的なサウンドが目立つ。

 

やっぱり定型化されてない曲構成と幻想的なサウンドを目立たせている曲でしたね。

 

 

が、もう結論でいうと変態曲(褒めています)にここまでエキサイトしてしまうオタクもまあまあ変態なんだと思うので、それならそれなりにもう活動期間に立つステージを髄まで楽しもうと思います…BLSSDさんやばい曲をありがとうな…

 

 

 

 

 

 

 

③훅 들어와 (OMG) sub title

 

 

OMG

OMG

  • Golden Child
  • K-Pop
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

 

 

 


골든차일드(Golden Child) '훅 들어와(OMG)' Special Choreography Video

 


[LIVE] 골든차일드 Golden Child '훅 들어와' (OMG) @ 'Take A Leap' COMEBACK SPECIAL LIVE (장준, 보민, 지범) [통통TV]


[덕질캡쳐용♥CLEAN] 골든차일드 - 훅 들어와 (Golden Child - OMG)


Golden Child, OMG (골든차일드, 훅 들어와) [THE SHOW 200630]

 

 

첫눈에 이끌린 상대에게 모른 척 하며 은근히 다가와 주길 바라는 남자의 마음을 담은 곡. 펑키한 기타 리듬과 신디사이저가 돋보이는 레트로 신스팝이다. 한층 성숙해진 골든차일드만의 청량함을 다시 한 번 느낄 수 있다.

一目に導かれる相手に知らないふりをして、じわじわと近づいてくれることを望む男の心を込めた曲。ファンキーなギターリズムとシンセサイザーが目立つレトロシンセポップだ。 一段と成熟したゴールデン・チャイルドだけの清涼さを改めて感じることができる。

 

おかえり清涼チャイルド!!!!!!!

 

めちゃくちゃいいレトロシンセポップ…………そして夏チャイルド…………………サブタイトル……………𝓛𝓞𝓥𝓒……………

 

前回の記事でコンポーザーの過去作業曲について触れましたが、「ロック調のアップテンポ曲来るか?????」が本当に来ちゃったな??と思いましたけど、レトロなのがかなりいいですよね……………TLでは「ゴルチャの都市女子」って話題になってました。わかる気がする。

 

 

Lady

Lady

  • provided courtesy of iTunes

 

 

 

で、基本的に陽な雰囲気で彼ら自身が楽しめる曲はかなり毎回最高になっちゃうのでこれも例外なくそうなんですが

個人的にパートで印象に残ってるのはジェヒョンジボムにラッパーラインのジャンテグ???かもしれない。

 

 

f:id:showpercent:20200710212753p:image

 

まず歌いだしジボムもう完全にこれですよね。これなんだよ。ジボムのどストレートで誠実な強めの歌唱が歌い出しの掴みにめちゃくちゃ合う。

 

あとジェヒョンのスモーキーボイス結構この曲に合ってません???前髪がいい感じに伸びてきたジェヒョンのキュートなビジュアルと曲も合うように思うので今回かなりボンジェヒョン好きです。

 

 

ラップ陣のパートはわりとどの曲でも印象的に聞こえるような気がしますけど、トラックに対してのラップ詞の乗せ方がそれぞれ最高じゃないです??高さでいうとどちらもハイトーンのラッパーですが、2人が互いにそれぞれのスタイルを把握しながらバランスよく乗せてくれてるように聞こえるのでかなり面白い。

あと、後半のラップパートで一気に後ろの音が絞られてシンプルな刻みに変わるのすごい良いですよね……ここはコレオも好き。

 

 

あとは曲全体的にコーラスの入れ方とかもかなり心地いい気がします。これもレトロっぽく聴こえる要素の一つなんだろうか???

 

 

ステージはもう皆ほとんど遊んでるので(笑)かわいい(笑)

 

 

 

ずっと遊んでろ!!!!!(訳:かわいくてありがとう)

 

 

 

 

④혼잣말

 

 

Moment

Moment

  • Golden Child
  • K-Pop
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

 

‘혼잣말’은 Medium R&B 장르의 곡으로 헤어짐의 감정을 담은 가사와 아련한 Chord Progression이 매력적인 곡이다. 피아노에 더해진 Delay 사운드가 독특한 분위기를 자아내어 지나간 추억을 떠올리게 한다. 

'独り言'はMedium R&Bジャンルの曲で別れの感情を盛り込んだ歌詞とおぼろげなChord Progressionが魅力的な曲だ。 ピアノに加わったDelayのサウンドが独特な雰囲気を醸し出して通った思い出を思い浮かばせる。

 

どうやらメンバーからの支持率が高いらしいミディアムR&B曲혼잣말

 

しっとり聴かせるのもかなりうまいチャイルドですが、この曲はもう……………個人的にはドンヒョンが。いや、パートは多いわけじゃないんですけどその限られたパートでしっかり確実にインパクトを残してくる印象を受けました………自分ドンドゥニスなのでかなり贔屓目かもしれないですが……………

 

 

ちなみにドンヒョンパートの歌詞がこちら。1番2番の同じフレーズ。合ってる?これでドンヒョンの声じゃなかったら私はオタクとして死………………………………まあいいやたぶん合ってます………………

 

매일 도망갔던 그날에 멈춰

毎日逃げていたその日に止まる

그 속에 잊지 못할 추억이 넘쳐

その中に忘れられない思い出が溢れてる

내 맘이 내 뜻대로 되지 않잖아

僕の心が僕の思い通りにならないじゃないか

기억은 다시 너를 꺼내 놓잖아

記憶はもう一度君を取り出すじゃないか

 

 

f:id:showpercent:20200711015537j:image

f:id:showpercent:20200711015330j:image

 

 

その話の本を読んでくれているような気がして、それが印象的だったんです。

 

ㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠそれだろㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠ

 

それでした。物語の主人公でありながら語り手しちゃう感じ。(?) わりとこう「陽!!!!!!」って感じがかなりはまるメンバーではあると思うんですが、また違う切ない?おぼろげな?エモーショナルな雰囲気の曲になった時には完全に良い切なさに振り切る印象があります。ドンヒョン。

その手の表情もわりとうまい気がしますね。そういう世界観がたぶん彼の中にも備わってるからだと思うんですけど、その彼の世界観にしっかり引き込まれます。短いフレーズでしっかり決めてくるんで逆にそれも印象深くなっちゃう。

 

と思ってたらドンヒョン自身もこの曲がかなり好きらしいのでしっかり自信と確信を持って満足いく歌唱が出来たとも考えられるな…そう、君は歌唱も最高。

 

 


폴킴 - 안녕 (Cover by. DONG HYUN of Golden Child) [THE LIVE]

 

the live次期、待ってんで~~~~~~~~~!

 

 

 

 

 

⑤MAKE ME LOVE

 

 

Make Me Love

Make Me Love

  • Golden Child
  • K-Pop
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

 

‘Make Me Love’는 귀를 사로잡는 리드사운드가 매력적인 퓨처베이스 기반의 POP-DANCE 장르의 곡으로 사랑하는 여자를 향한 겉잡을 수 없는 마음을 표현한 고백 송이다. 장준과 TAG의 랩핑이 더해져 박력 있고 로맨틱한 곡의 분위기를 극대화 시킨다.

'Make Me Love'は耳をとらえるリードサウンドが魅力的なフューチャーベース基盤のPOP-DANCEのジャンルの曲で愛する女を向けた方図もない気持ちを表現した告白ソングだ。 チャンジュンとTAGのラッピングが加わり、さっそうとしてロマンチックな曲の雰囲気を極大化させる。

 

フューチャーベースとゴルチャ………いいですよね………いいな………しっかり疾走感があるので彼らによく合ってるように思います。これのステージ観てえ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~!ポップダンスジャンルらしいですしコレオ付きで楽しめる日、待ってます。絶対コレオかなりいい。

 

 

 

あとここでもまた…ラッパーラインが。いやシンプルにめちゃくちゃ上手いのと(語彙力の欠如)

チャンジュンの話す英語すごい好きなんですが(tmi)歌いだしのチャンジュンパートかなりずるくないです??なんならこの曲チャンジュンに始まりチャンジュンに終わってるがな。曲終わりに関しては疾走感のあるリズムに乗せられたチャンジュンパートが本当に良い。

TAGの場合はあの一定のトーンで繰り出していく唱法っていうんでしょうか。これ…かなり好きですね…自分のスタイルの確立や探求に余念のない印象を受けました。どんどん上手くなる。あと個人的な所感ではこのTAGパートで曲に表情をつけてるようにも思ったんですけどどうだろう。1番のガンガンに飛ばしたサビ終わりからのパートで、後ろの音もソフトなものに変わりながらそこにラップを乗せて淡々と刻むのが逆に印象的な部分になってる。気がします。

 

 

加えて曲全体の印象も過去のrazerさんの作業曲である「SEA」や「I'm Falling」を彼らの年相応にアップデートしたようなイメージですよね。え~~~~~~~~~好きだな。今夏のお供になるかと!

 

 

 

⑥H.E.R (그녀에게)

 

 

H.E.R

H.E.R

  • Golden Child
  • K-Pop
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

 

"H.E.R(그녀에게)"는 미디움 템포의 발라드 댄스곡으로 반복적인 후렴구와 통통 튀는 사운드가 매력적인 곡이다. "생생히 꿈꾸던 너란 사람" "너와 내가 주인공인 멜로드라마" 등의 진정성 있는 가사들은 희망적인 메시지와 따뜻한 울림을 주기에 충분할 것이다.

"H.E.R(彼女に)"はミディアムテンポのバラードダンスミュージックに反復的なリフレーンとよく弾むサウンドが魅力的な曲だ。 "ありありと夢見ていたあなたって人は""君と俺が主人公のメロドラマ"などの真正性のある歌詞は希望的なメッセージと暖かい響きを与えるに十分だろう。

 

 

どうも、H.E.Rドゥニスです(H.E.Rが好きドゥニス)

 

実はアルバム内で1曲ピックするとしたら「これ!!!!!!」になる日が多そう。基本的にアルバム自体に多種多様のジャンルの良い曲が収録されているのでその日その時の気分によって好きな曲や聴きたい曲って変わると思うんですが、普段一番この曲に合ったテンションといいますか、情緒?であることが多いのでこれがすごい心地いい。

 

ミディアムテンポのバラードダンスミュージックに反復的なリフレーンと良く弾むサウンドって何ですかそれ………(褒めてる、むしろ感謝してるし大好物ジャンル)実はオタクの知人たちもこれ聴いて何人か「これが一番ゴルチャっぽく聴こえる」って言ってたんですが、私もそう思う。

例えばこれを聴きながら「どこどこが印象的だ!」というのは正直ほかの曲ほど多くないんですよ。ただその分本当にそれぞれの声が曲や音に完全に馴染んでるように個人的には聞こえるんですよね………もちろん意識して聴くと一人ひとりの声が特徴的ですし言及できる部分も多いんですが、むしろ特徴的なはずなのにさらっと聴ける。(いい意味で)

リスナー視点でいうと、余分なエネルギーを使わず何度でも繰り返し聴ける好きな曲ってかなり貴重なのでその部類の曲のようです。

 

 

しかし音と声の親和性が本当に…すごいな。印象的な曲の中にこういう曲をしっかり挟めるのも彼ららしく感じたりしたり。

 

 

 

 

 

 

⑦PASS ME BY

 

 

 やっと最後の曲(笑)ここまでで一万字超えてしまってるので死にそう………………特に読みやすい文章でもなかったと思うのですがここまで読んでくださった方、貴重なお時間拝借してしまってすいません…………

 

Pass Me By

Pass Me By

  • Golden Child
  • K-Pop
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

 

Pass Me By’는 변함없이 한 자리에서 헤어진 연인을 기다리는 쓸쓸한 남자의 마음을 담은 곡으로 한층 깊어진 골든차일드의 감성을 느낄 수 있다. E.P와 현악기의 조화가 돋보이며 쓸쓸하지만 격정적인 한 편의 영화를 보고 있는듯한 느낌을 선사한다.

Pass Me By'は相変わらずした席で別れた恋人を待つ寂しい男の心を盛り込んだ曲で、一層深まったゴールデン・チャイルドの感性を感じることができる。 E.Pと弦楽器の調和が引き立って寂しいが、激情的な一本の映画を見ていそうな感じを与える。

 

 

これはたぶんウリムに象徴される良いバラードチューンですがかなりボーカル陣がすごい活きてますよね。キー的に声が伸びやすく歌いやすいんだろうか???テンポ的にも心地いいテンポなのと、弦楽器で表現されるドラマティックさ?とあとしっかり低音の刻みがあるので安定してるんだろうか。

 

あとはもうメボズを筆頭にこれまで真摯に歌や歌唱と向き合ってきたであろう成果がしっかり現れている曲のようにも思いますし、そういう曲を最後に持ってくるのもウリムらしいような。

 

 

基本的にこのアルバム自体が、色んな物語を組み込んでいるようでそれを表現しながらゴルチャがまた新しいゴルチャのイメージを作り上げたようで!!!!!!!いいですね……………………歌って、踊って、ステージに立つ仕事を選んでくれてありがとうな…………………………………

 

 

 

 

 

ウリムの申し子たち〜〜〜〜〜〜〜〜これからもしたいこと全部して〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!

 

f:id:showpercent:20200711053510j:image

 

 

 

 

 

 

以上!

 

 

 

ちなみに各楽曲の詳細説明はここからの引用。

m2.melon.com

 

 

 

 

GoldenChild 4th mini albam "TAKE A LEAP" のトラックリスト公開に伴い、そこから得た情報を整理しようとしただけの記事。

 

 

 

 

これもう記事のタイトルそのまんまなんですが、昨晩?6/13の0時にゴルチャカムバ詳細であるトラックリストが公開されまして。いやあ。。。タイムラインがあんなに盛り上がることあります??状態でした。繋がってるゴルドゥニスたちに音楽オタクが多いのでトラックリストのクレジット情報を見ただけで相当エキサイトするという(笑)オタク強い。

 

 

 

f:id:showpercent:20200613144332j:image

 

 

かくいう私も元々曲を製作する側の人たちに対しても関心が高い方なので、収録曲ひとつひとつのクレジットを見ながら担当コンポーザーの過去作業曲を調べては聴き、調べては聴きを繰り返し今回のアルバム自体の各曲のイメージを膨らませていたのですが、思考の中だけに留めておくよりかはどうせならちょっとどこかに書き残しておこうかと(笑)そういう魂胆で書きます!

 

 

 

 

その前にまずこのアルバム全体的なイメージでいうと、トラックリストより先立って公開されていたcomeback trailerの時点で3rd mini albumの"WISH"のイメージに繋がる箇所が複数あり、"TAKE A LEAP"は"Re-boot"と"Without you"に続く自我探し三部作の最終作であると共に"WISH"のアップデート版であるのでは?という推測がファンの間でされてましたね。

 

 

 

こちらが今回のアルバムのcomeback trailer


골든차일드(Golden Child) [Take A Leap] Comeback Trailer

 

 

 

そんでこちらが"WISH"のspecial film


골든차일드(Golden Child) "WISH" Special Film

 

 

このSpecial filmの最後のカット………………がこれです

 

f:id:showpercent:20200613180832j:image

 

 

とは言いつつも繋がりが本当にあるのかどうなのか、明確なことは何もないのでとりあえずこういう考察も存在するらしいよ!程度の認識で!

 

 

 

 

 

さてここらでようやく本題!今回のアルバムのトラックの内容に入っていきますが

 

 

 

 

①TAKE OFF(intro)

COMPOSED:BLSSD

ARRANGED:BLSSD

 

 

まず最初のトラックは毎度おなじみイントロトラックですが、これに関してひとつ気になるポイントがあるとすれば、アルバム名の"TAKE A LEAP"とトラック名が同じではないという点。過去作品はアルバム名とイントロトラック名が全てリンクしていたと記憶していたので、今回もそうかと思いきや???違いましたね。。。。

 

特に自我探し三部作がスタートした1stフルアルバムの"Re-boot"からは今まで以上に込められる意味が重要なものとなっているように感じるので、この今回のトラック名が"TAKE A LEAP"ではなく"TAKE OFF"とされたのにもそれなりの重要な意味があるように感じます。

 

ちなみに前作のイントロである"Re-Boot"は「再起動」、再び起き上がって動き出すことのサインであるとインタビューコンテンツでメンバーのチャンジュン君が話をしてくれていますがこの内容も参考になるような気がするので記載しておくと

 

 

Re-Boot

Re-Boot

  • Golden Child
  • K-Pop
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

 

 

 


골든차일드(Golden Child) 보민이 10년 후에 팬송을 부른다면? vol. 2 [아뷰뷰] (ENG, JAP SUB)

 

 

f:id:showpercent:20200613172415p:image
f:id:showpercent:20200613172403p:image
f:id:showpercent:20200613172344p:image
f:id:showpercent:20200613172408p:image
f:id:showpercent:20200613172357p:image
f:id:showpercent:20200613172349p:image

 

 

とするなら今回の"TAKE A LEAP"というアルバムはタイトルの如く、GoldenChildというグループがより一層飛躍していくためのミニアルバムであり、そのスタートを切るイントロトラックは"TAKE OFF"、つまり飛躍のための第一歩。今いる場所から力強く飛び立っていくような。そんなトラックなのでは?????と見受けられます。

 

曲を担当してくれているのは前作の"Re-Boot"に引き続きBLSSDさんが担当してくれているようなので、世界観をうまく引き継いだトラックになるのではないかと。。。。実は一番楽しみにしています。もともと私自身がウリムドル全体的に好きなオタクなので、イントロ職人事務所のイントロ文化に!かなり執着を(笑)

 

 

 

②ONE(LUCID DREAM) title

 

LYRICS:BLSSD

COMPOSED:BLSSD 

ARRANGED:BLSSD

RAP MAKING:장준, TAG

 

来ましたね………………おそらく、WANNABEからスタートした自我探し三部作の最終作だと予想ができるのではないかなと思いますが

 

とりあえずまず自我探しの三部作について少し整理すると、この三部作を担当するBLSSDさんが"Without You"時に受けていたインタビュー記事によれば

 

news.naver.com

 

一作目・WANNABE:理想に向かった「渇望」

二作目・Without You:「喪失」

 

 

を表すと書かれています。理想に向かい、自我を探していくストーリーの中で「渇望」し、「喪失」を表現していった彼らが最終作でどういう現時点での結論を出していくのか…そこが一番気になる部分ではありますが自我探しの旅路の中で「音楽」という部分が常に重要なポイントであることを感じさせてくれるのでそこも加味していきながら今回のタイトル曲"ONE(LUCID DREAM)"の公開を楽しみに待ちたいと思います。。。

 

 

あとこれは現時点での考察の余地も十分にあるかと思いますが、私の知識と言語力では難しいので…………パスしますね(笑)

 

 

 

③훅 들어와 (OMG)

 

LYRICS:LEEZ, Ollounder, 장준, TAG

COMPOSED:LEEZ, Ollounder,

ARRANGED:LEEZ, Ollounder,

 

 

次に!作詞にラッパーラインが加わっているこの曲ですがコンポーザー陣の過去作業曲を見てみるとDREAMCATCHERに曲を多く提供しているコンポーザー陣のようですね。

 

Scream

Scream

  • DREAMCATCHER
  • K-Pop
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

 

PIRI

PIRI

  • DREAMCATCHER
  • K-Pop
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

 

Deja Vu

Deja Vu

  • DREAMCATCHER
  • K-Pop
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

 

YOU AND I

YOU AND I

  • DREAMCATCHER
  • K-Pop
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

他にも多数あり

 

 

 

そして次に目立つのはATEEZ。メインPDのEDENさんと共にクレジットに名を連ねていることが多いらしい。

 

Say My Name

Say My Name

  • provided courtesy of iTunes

 

Wave

Wave

  • provided courtesy of iTunes

 

Answer

Answer

  • provided courtesy of iTunes

他にも多数あり

 

 

 

 

加えて余談ですが私個人的にテンションが上がったのはN.Flyingの"Anyway"ですね。。。これも作ってたのか。。。

 

夏のさわやかなロックチューンです。

 

 

Anyway

Anyway

  • provided courtesy of iTunes

 

 

 

 

そしてGoldenChildを含むウリム所属アーティストとも過去3曲ほど曲の提供をしていたようで!親交は元々あったんだな。

 

 

I Hate

I Hate

  • provided courtesy of iTunes

 

YTMOB (You Turn Me On Baby)

YTMOB (You Turn Me On Baby)

  • Golden Child
  • K-Pop
  • ¥153
  • provided courtesy of iTunes

 

Love Game

Love Game

  • provided courtesy of iTunes

 

 

 

 

なのでアップテンポチューンくるか???????(あわよくばロック調???)という勝手な印象です。。。。。

 

が、

 

そんなこと考えてたらこの曲のクレジットの先頭に名を連ねているLEEZさんがチョンセウンの「温度差」も作った人だったのでちょっと混乱した回。

 

Love In Fall

Love In Fall

  • JEONG SEWOON
  • K-Pop
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

 名曲じゃないですか?おれはこの曲が大好き。

 

 

 

 

 

 

④혼잣말

 

LYRICS:원택 (1Take), 탁 (TAK), 장준, TAG

COMPOSED:원택 (1Take), 탁 (TAK)

ARRANGED:원택 (1Take), 탁 (TAK)

 

 

キタコレ。実はトラックリスト公開時真っ先に盛り上がったのがこの曲。

 

원택 (1Take)さん탁 (TAK)さんのタッグとGoldenChildの相性ですか????????ごめんそれはもう最高にして最強です。

 

動画も載せるんで聴いたことない人はすぐに聴いてほしい

 

 

 

 

  • What Happend?(내 눈을 의심해)

What Happened?

What Happened?

  • Golden Child
  • K-Pop
  • ¥153
  • provided courtesy of iTunes

 


골든차일드(Golden Child) "내 눈을 의심해 (What Happened?)" Dance Practice

 

 

 

  •  IF

If

If

  • Golden Child
  • K-Pop
  • ¥153
  • provided courtesy of iTunes

 


뮤직뱅크 Music Bank - IF - 골든차일드(GoldenChild).20180824

 

 

  • Lately(느껴져)

 

Lately

Lately

  • Golden Child
  • K-Pop
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

 


[Golden Child] '느껴져' Concert Live Clip (@ 2020 Golden Child 1st Concert 'FUTURE AND PAST')

 

 

  •  No Matter What

No Matter What (Jang Jun & TAG) [feat. Joo Chan]

No Matter What (Jang Jun & TAG) [feat. Joo Chan]

  • Golden Child
  • K-Pop
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

 

 


[Golden Child] 'No Matter What' Concert Live Clip (@2020 Golden Child 1st Concert 'FUTURE AND PAST')

 

 

 

とこんな感じでこのコンポーザー陣の場合はどういう曲調に転んでも大当たりの予感しかしないので安心して期待していいのではないだろうか…………………………

 

 

 

 

 

 

⑤MAKE ME LOVE

 

LYRICS:Stardust, revel, 장준, TAG

COMPOSED:Stardust

ARRANGED:Stardust

 

これまたキタコレ案件なんですが……………………Stardustめちゃくちゃいいんですよ…………………わりとウリムお抱えか???の雰囲気もあるチームで

 

 

この作曲チームのrazerさんという方が過去に作った曲がこれ

 

 

  •  I See U(너만 보인다)

I See U

I See U

  • Golden Child
  • K-Pop
  • ¥153
  • provided courtesy of iTunes

 


[MV} 골든차일드(Golden Child) _ "너만 보인다" Special Film

 

 

  • SEA

Sea

Sea

 


[Golden Child] 'SEA' Concert Live Clip (@ 2020 Golden Child 1st Concert 'FUTURE AND PAST')


170709 골든차일드 (Golden Child) 'SEA' (앵콜무대) 전체직캠 @코엑스 게릴라 공연 fancam by 몽아

 

 

  •  I'm Falling

I'm Falling

I'm Falling

 


[Golden Child] 'I’m Falling' Concert Live Clip (@ 2020 Golden Child 1st Concert 'FUTURE AND PAST')

 

 

_人人人人人人人人人人_
>  3曲中2曲が夏曲  <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄

 

 

これくるでしょ??????????夏曲では?????

 

 

夏曲待ってます。(正座待機)

 

 

 

 

⑥H.E.R (그녀에게)

 

LYRICS:스페이스카우보이, Zeenan, Jay Hong, mOnSteR nO.9, croq, VORADORY

COMPOSED:스페이스카우보이, Zeenan, Jay Hong, mOnSteR nO.9, croq, VORADORY

ARRANGED:스페이스카우보이, Zeenan, Jay Hong, mOnSteR nO.9, croq, VORADORY

 

正直いうとこれが一番予測しにくいかなという感じがします。 クレジットの先頭に来ている스페이스카우보이 さんがどうやら、ラブリズの楽曲をプロデュースしているチームの一員のようでそこ繋がりかな???という印象ですが、わりとコンポーザー陣たち全体的にそこまで多く提供していないか、あとは提供していてもアイドルへの提供はそこまでという感じに見受けられたのでどうくるだろうか??????の意味で気になるトラックです。

 

 

 

 

 

⑦PASS ME BY

 

LYRICS:BLSSD

COMPOSED:SPACEBOY, BLSSD

ARRANGED:SPACEBOY

 

 

ここでまた出てきましたねBLSSDさん。三部作目アルバム(たぶん)の最後のトラックはBLSSDさんとSPECEBOYさんの合作のようですが、SPACEBOYさんはGoldenChildと同じ事務所の先輩であるキムソンギュの楽曲を多数担当しています。

 

 

 

Alive

Alive

 

True Love

True Love

 

Sorry

Sorry

 

Mirror

Mirror

 

 

ウリム伝統の良いバラード?に近いようなトラックが来るような気がするのでこちらも楽しみです……………………………………

 

 

 

 

 

 

 

とこんな感じで!!!ざざっと書いてきましたが作曲家情報はすべてここから引用してきました!

 

www.melon.com

 

 

PCから検索かけると作詞家・作曲家・編曲者情報が出てくるかと思います。。

 

 

あと、基本的に自分が書きだしたかっただけの記事なので参考程度に見ていただけるとありがたいですね。

 

 

 

 

 

と、よく考えてみるとカムバまで10日???ですかね???カムバスケジュールは出るんだろうか??出ないかな。とりあえず、これからまたteaser類も多く出るでしょうから!

 

 

 

カムバに備えて体調も整えたいと思います。。。。(低気圧にぶちのめされているの人) 

 

 

 

 

 

f:id:showpercent:20200613231121j:image

 

 

 

オッケー!ワイくん!

 

 

 

 

 

 

 

 

200515

 

 

 

ここ数ヶ月はコロナの影響で生活が一変しつつも、なんかこうどうにか適応しようとする生活にもいつの間にか慣れが出てきたようでまたそれも不思議ですが…有事の際にこそいろいろあるもんね。この生活には慣れようが、その生活すらも脅かされそうな出来事ばかりで虚しいや。

 

コロナをうまく抑えていた隣国、韓国でもまた大規模クラスターが…っていうんだから本当に長い闘いになることを実感しつつ、私はまあオタクをしているのでもうすでに現場が恋しいですけど、まあもともと現場に通い詰めるオタクでもなかったにしろあれですね、制限が付くと?というか「現場ないよ」ってそういう現実を突きつけられると寂しいのかな。選択の自由も何もないとこんなに辛いものだったか。

 

 

でもそれでもいい曲が生み出され続け、リリースされ続け得る環境であることだけに感謝して生きています。。。。。

 

当初は「ネトフリで映画でもドラマでも観てやろうかな!」って意気揚々としてたんですけど、時間を拘束されることがわりと苦手なのと、集中力が面白いほど欠けた人間だということを自分で認知してるのでそれでなかなか腰が重い。たぶん一回見観てしまえばいいんだと思うんですけど結局は梨泰院クラスをなんとか完走しただけに(笑)課金してんだからもっと活用して、頼む。。。。結局生きてる中で時間の使い方が下手であればあるほど損してるよねという話。

 

 

それで話変わって一昨日かな?普段一緒に趣味で歌やってる先輩から「コロナのせいで長らく練習も出来てないし久々にちょっと話そうぜ!」って連絡が来たので2時間ほどzoom語りしてましたが、「あんたこの期間時間があるとき何してんの?????」って聞かれて「………………音楽ずっと聴いてますね。。。。あと散歩。」としか答えられないオタクでした。結局なんもしてねえじゃねーか。。。何もしてないね。むしろ何もしたくないので私の中のCLオンニが「全部やんねーよ」って言ってた。

 

f:id:showpercent:20200513020139p:image

 

 

 

+I QUIT180327+

+I QUIT180327+

  • provided courtesy of iTunes

 

 

 

それでもその先輩に今度ケーポプレゼンすることになったんでオタクが本気でダイマする回、来ると思います。アイドルじゃなくてバンドとインディーズメインで攻めていくの所存。ダイマは計画的に。

 

 

 

 

 

 

 

それでこの話はただ記録しておきたくてするんだけど(ほとんど日記なんだから自由にして)気になるバンドが出てきてしまった。

 

 

 

 

Flowering

Flowering

  • provided courtesy of iTunes

 

 

 

f:id:showpercent:20200515032640j:image
f:id:showpercent:20200515032633j:image
f:id:showpercent:20200515032645j:image
f:id:showpercent:20200515032649j:image
f:id:showpercent:20200515032654j:image

 

 

LUCY(루시 )というバンドでJTBCのバンドのサバイバル番組出身のようなんだけど、でも番組出演時とはギターボーカルが変わってるらしい。でもその、後に合流したギターボカルのチェサンヨプさん?の歌唱スタイルがどストレートに好みだったオタク。 

 

 

Can I

Can I

  • CHOI SANG YEOP
  • 韓国インディー
  • ¥204
  • provided courtesy of iTunes

 

 

でバンド自体の構成はギターボーカル、ベースプロデューシング、ドラムサブボーカル、バイオリン。

 

バイオリン。

 

 


LUCY_ 개화(Flowering) | 밴드 | 라이브연주 | 루시 | 스페셜클립 | Special Clip | Live | 신예찬 최상엽 조원상 신광일

 

 

 

これデビューシングルのタイトルが「개화 (開花)」で、英題だと「flowering」なんだけど、初聴時にそのストリングス音から入るイントロだけ聴いて恥ずかしい話そのまま聴きながら嗚咽して泣きました。 疲れてるんかおぬし。

 

 

 

またこのバンドのことはもう少し色々調べて知識も携えてから別に単独に記事にしてもいいかなと思いつつ、しないかもしれないけどしたい心だけある。

 

 

なんだろうか、個人的には「音楽」への全体的な位置づけが本当に生活に密着している(tmi)ものであるし、暇さえあればイヤホン耳にぶっさして音楽聴きながら途方もない感情と結びつけ色付けをしながら生活してるので季節の音楽が本当に好きだし、あと決定打はこれ本当に自分は楽器の音が好きなので自分の情緒の琴線にクリーンヒットしてしまったみたいなやつです。

 

 

ありがとう、LUCY。これからもっと調べよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

そうか春か…………春な………………もう気候はほとんど初夏ですが、春の終わりにこんなに春を感じられると思わなかったし、まだ実は全然春これで終わりじゃなかったのがこれ。

 

 

 

 


Road to Kingdom [3회] ♬ 빛나리+봄눈 - 펜타곤 @2차 경연 200514 EP.3

 

 

 


Road to Kingdom [3회] '함께한 모든 순간이 행복' 지금 그대로 진호를 기다리고 있을게요♥ 200514 EP.3

 

 

 

 

現ゴルドゥニスでありながらユニバースをしてた時期もありそれ以前に私はジノさんが本当に大好きなので昨晩は完全にわたしが너를 사랑하는 찌질이. 

 

 

私も趣味で舞台に立つことがあるのでたぶんオタクとしてというよりか演者視点でステージを見ることがそもそもわりと多い方ではあると思うんだけど、その視点で見れば見るほどこのステージが本当にクレイジー(まじで褒めてる)で、フイさんが予告で言ってたように今の彼らにしかできないステージだったのと

 

このステージの何がよかったかって、パフォーマンスをしながらたぶん一番幸せだったのが彼らだったこと。あとは、このステージ自体があまりにもジノさんを象徴してたように感じられたところ。なんだけど

 

何年か前にPENTAGON日本デビュー時の接触イベの時かな。現場に対して腰の重いオタクでもさすがに積んだことを思い出したんですが、ツーショかな。ツーショだ。たしかその前にEなんとかさん(名前を呼んではいけないあの人みたいに言う_な)とフイさんと撮って、最後がジノさんだった気がするんだけどこれは特別何か話したとかペンサがどうとかいう話じゃなくて、とにかくその場の空気感が不思議なことにジノさんのブースだけまttttttったく違う。何月かももう覚えてないですけど、ジノさんブースだけ春の気候だった(室内だしたぶんヴィーナスフォート噴水広場)。。。。。それだけ鮮明に?鮮烈に?覚えてます。何なら春の匂いがした気もするし、ずっと穏やかで心地よさやら安堵感を人に与えてしまう人のように思うと、今回のこのステージの雰囲気が自然と納得できるものであるようにあれから一晩寝てこれを打ちながらそう考えたりとかなんとか。

 

 

あとは、まあもう今まで(もたぶんこれからも)散々音楽を愛し、歌を愛し、ステージを愛するジノさんがステージ上で愛される様子が本当に良かったんだよな。という。

 

 

 

もうこれ!これでしか。

 

 

 

舞台に生き、歌に生きる人が一旦の門出を前にしてしっかりとその前に最後ステージに立てる機会がご用意されていて本当に良かった。そしてそのステージでたくさん愛されて、伝えたいことも伝えられたようで本当に良かった。春生まれで、厳しい冬もすべて越えてその結果として春に生きているような人と思っているのでピンナリと春雪のマッシュアップ、本当にあまりにもよかったな。

 

 

その点だけ、その点だけは本当に悔しいんだけどロトゥに感謝しちまいました。なぜか、私が。

 

 

 

ジノさんーーーーーーーーーー!いやいいや、いつもの呼び方します。

 

 

じのよん、どうか毎日健やかに。幸せで。

 

 

 

 

 

いや、まあこれからだいぶこのステージの余韻を引きずると思いますけどね、でも来週ジュチャンがバイオリン無双するってよ。

 

 

 

 

競争、競演のところを除けばロトゥ出演陣みんな丸っと愛したいクソカケモゴルドゥニスなんですが、そもそも競演なのが厄介すぎるだろってね。でももうせっかく出演したなら、エムネに負けず見せたいもの全部見せて話題かっさらってってくれ。。。。。エムネ潰しはロトゥの次に放送されてるグッゴルの強いお姉さんたちに任せます。昨日見ようと思ったけどロトゥでギブだった。なんで木曜日に集中してんの?

 

 

 

 

あとは、少し前になるけどオマゴルの快進撃のことも書きたいからこれも気が向いたら記事にしたいし、

 

 

それとでいろくのカムバも!

 

Zombie

Zombie

  • provided courtesy of iTunes

 

今回のzombieはメインコンポーザーがJaeだったようだけど、それがしっかり感じられるようなタイトルだったなとかそんなこともまた書きたくなったらどこかに書きます。

 

 

 

 

 

 

で、今日はまだ風の冷たさが春っぽいのでこの音源を堪能できるのでは?????ってことでここらでおしまいにして散歩してこよかな。

 

 

Shine / Spring Snow [From

Shine / Spring Snow [From "Road to Kingdom (My Song), Pt. 1"]

  • provided courtesy of iTunes